美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

実家という退屈

 

実家に戻ってから二ヶ月ほどが経つ。

それについて何かしら書こう書こうと思いながら、ただ時間が過ぎた。

しかし実家とは、まさにそういうところなのだろうと思う。

抗う必要も戦う必要もなく、もっと三食昼寝付きとあっては、脳みそが溶けない者がどこにあろう。

そうして脳みそを耳孔から漏らしながら思い考えることは、どうして案外にのん気ではない。

嫌でも直面させられる父母の老い。つまるところそう遠くない将来、この場所は失われることがわかる。

それは直感だとか予想だとかいう曖昧なものではなく、絶対に訪れる現実なのだ。

そんな時、私は決まって(どうせみんな死ぬんだから)などとうそぶく。諦観でもってこの世自体を突き放す。にも関わらず、胸の奥底に確かな動揺が生じていることに気がつかざるを得ない。

深夜にふと目が覚めることがある。二階の両親の寝室から、父のいびきが聞こえる。私はそれが止まる日のことを思う。母には父のいびきが悩みの種である。止まればもちろん、静かになるだろう。眠れないほど、静かになるだろう。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。
前の記事
あなたの存在意義
次の記事
狂ってない人

  関連記事

ぼくらの、しかし誰のアート

2009/01/17   エッセイ

昨日のパーティーのこと。 とりあえずビールをたくさん飲んだ。やたらめったらお菓子 ...

動かざるそのクソ頭

2008/10/02   エッセイ

なんとはない未来への展望。道はそれしかないのかと悔しくもある、けれど道がまったく ...

正確な退廃

2008/09/12   エッセイ

どこでぶつけたのかひねったのか右手親指付け根が痛む。 秋の空はどこまでも高く、と ...

東京ではない街としての広島・福岡

2013/05/06   エッセイ, ブログ

六年ぶりに福岡に行った。 博多駅に降り立った瞬間から、心が浮き立つ感覚を覚えた。 ...

転がるのも自由

2008/10/10   エッセイ

今朝、目の前のOL風の人が居眠りしていたんだけど、始めわずかに開いていた口がどん ...