美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

あなたの存在意義

 

祖母がオレオを食べている。それは三時のおやつで、しかし入れ歯には固く、難儀そうに見える。

あんたは誰かと聞かれる。答えるも、そこには会話と呼べるような手応えがない。

似たような人が、周りに五人六人ばかり座っている。みな一様に生気がない。

もそもそ、あるいはぺちゃぺちゃと、それぞれオレオを食べている。職員に口まで運んでもらっている者もある。

何が悲しくて生きているのだろうかと思う。彼らに生きている価値なんてあるんだろうか。

帰りの車内で母が言う。ああなったらおしまいよと。ああなってまで生きたくない、とも。

完全に同意しつつも、私は全力で探さずにはいられない。彼らの価値を、その存在意義を。

それは昨日のことで、今も懸命に探しているが見つけることができない。

かつては、その種の人はさっさと死んだ方がいいということで納得できたものだった。しかし今は、その安易さが恐ろしい。

そこには、私自身の価値がさも自明であるかのような傲慢さがある。何かしら有用なモノ・コトを生産しさえすれば価値があると信じるのは、現代の病理だろうと思う。

実際、我々の信じる価値などというものは、いつでも吹けば飛ぶようなものであろう。

それはわかっている、わかってはいるのだけれど、いま、あの祖母にはなんの存在意義があって、どんな価値があるのか、私には見つけることができないでいる。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

  関連記事

ネオテニー・ジャパンに行った

2009/07/14   エッセイ

樋口が大絶賛してた、ああ名前忘れちゃった、佐藤?なんとかが展示されてる展覧会、ネ ...

何歳でもいいから

2018/03/29   エッセイ

いつだったか、シンガポールの街角で「Age is just a number」と ...

生きる、すなわち身の振り方

2012/04/24   エッセイ, ブログ

完全にレシピとご無沙汰の最近。最悪の言い訳、時間がない、ということを言ってしまい ...

調理師としてのわたし

2013/06/27   エッセイ, ブログ

画像の通り、調理師免許を取った。これが取りたいがために調理師学校(新宿調理師専門 ...

父の日とかいう日もあった

2013/06/17   エッセイ, ブログ

そういえば昨日は世間では父の日だったらしいが、ぼくは何もしていない。 遠く離れて ...