美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

狂ってない人

 

先日、別れ話のもつれから、25歳の男性が元交際相手の22歳の女性を殺害したという事件があった。

男性は犯行を認めており、「彼女なしでは生きていられない」と供述しているという。
「彼女なしでは生きていられない」22歳女性殺害 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190125-00000030-ann-soci

その「もつれ」から、被害女性及びその父親はすでに警察に相談していた最中に起こった事件だそうで、悲惨としかいいようがない。

それはそうに違いないのだが、この事件に接して私が感じたのは、不謹慎のそしりを覚悟で言えば、同情混じりの共感というべきものであった。

少なくとも、彼は狂おしく彼女に恋していたのだということがわかる(それは決して愛ではなく、文字通り心が変になる恋である)。恋をしたことがある人なら誰でも、この「狂う」という気持ちがわかるのではないだろうか。

とはいえ、この世知辛い昨今では、恋なんていうくだらないことに身悶えするような人は皆無なのかもしれない。先のニュースのコメント欄に『殺しちゃったら、今後の人生はずっと「彼女なし」状態になっちゃうでしょうに。』という、いかにも生まれてこのかたずっと「正気」だというような物言いが上位に来ているのが、その証左であろう。

むろん、彼の凶行を美化する気などさらさらない。ただ私は、人に恋するとは時に殺意をもはらむ暴力性を含んでいるのだというひとつの真理を見るのである。

現に私もかつてそのように狂っていた時分があって、それこそ殺す方法、そしてついに実行する場面を繰り返し夢想したものであった。

たまたま私は実際にはしなかっただけで、件の彼と同じ思考回路を持っていることだけは確かだろうと思う。

私は危ないやつで、狂っているのだろうか。他方、あなたは狂っていないのだろうか。しかし本当の狂人は自身ではその狂気に気がつけないらしいから、私は狂っていないと思い込んでいる狂っている人の方がはるかに狂人に近いのではないか。

そう考えると、たぶん私や彼の方が正常でまともなのではないかとも思えるが、狂っていないあなたにはとても理解できない話だろうから、これくらいでやめておく。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。
前の記事
実家という退屈
次の記事
小さき日々へ

  関連記事

平凡である事が幸せという平凡さ

2008/12/09   エッセイ

本日は雨。昨日ジョギングしといてよかった、けど、実は結構今日も走りたいような気分 ...

美術家 笹山直規に頭が上がらない

今夜は待ちに待った、私の師と言っても過言ではない笹山直規氏の展示のオープニングで ...

尽きる気がしない

2008/06/17   エッセイ

秋葉原無双からもう一週間かと、なんだか不謹慎だけど日が長くなってきたのとほとんど ...

言葉はそのひとである

2012/11/19   エッセイ, ブログ

昨日は登戸にあるキリンシティに行った。学校の横の新宿アイランドのキリンシティには ...

新しいのか古いのか、とにかくは妙な時代に突入した、らしい

2014/06/30   エッセイ, ブログ

塩村議員へのヤジについて思うところがあった。つらつら書こうかとも思ったが、一言で ...