ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

Chim↑Pom(チンポム)の行為について

  2019/10/11

幸か不幸か広島出身なので、今月21日にあったというchim↑pom(チンポム)という6人組のアート集団がやった行為について好き放題に言及してみたい。

チンポムは自費でチャーターした飛行機で原爆ドームあたりの上空に「ピカッ」と飛行機雲で5回に渡り書いたのである。で、当然のごとく非難の嵐。賛否両論というレベルではないようである。

幸か不幸か広島出身と書いたのは、どんなことについてしゃべるにしろ、経験者または当事者でないとその発言にリアリティがないような、いやもっと発言権すらないようなところがあるからだ。

たとえば離婚した家庭の境遇について語るのに、実際そのような家庭で育った人間が「意外に明るい家庭だったりするんです」と言うのと、全然家庭円満で育った人間が「多かれ少なかれ屈折が生じてしまうものだ」と言うのとでは、説得力が全然違う。

というわけで、他県に比べて明らかに多いだろう平和教育を受けたり、はだしのゲンとあさりちゃんとドラゴンボールを同じ次元で夢中になって読んだり、原爆の落ちた音を聞いたという祖母の話を聞いたりして育った僕の見解を書きたいと思う。とりあえず、あ~、ヒロシマ生まれで良かったと、この件に関しては思う。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

巨乳キャラがアートになる時

日本赤十字社の献血促進キャンペーンのポスターに使用された「巨乳キャラ」が、セクハ ...

祝!樋口師寿こと「馬画鹿家」ワンダーシード入選!

2012/01/25   アート, エッセイ, ブログ

竹馬の友の樋口師寿くんが「馬画鹿家」名義でワンダーシード2012に入選しました! ...

その道の人

音楽を作ってもらった。いや、曲を作ってもらったというほうが正しいのかもしれない。 ...

言葉のすき間と画のすき間(小池真理子『無伴奏』の映画を見て、小説を読んでの感想)

先日、小池真理子原作の『無伴奏』が映画化された。と言っても、原作の小説は読んだこ ...

人ごみと群れとイルカ(スマホの自撮りで死んだイルカ)

2016/03/02   コラム, 時事問題, 社会系

人ごみが好きな人はまずいない。しかし、群れるのが好きな人は少なくない。 口では人 ...