Chim↑Pom(チンポム)の是非-広島のピカッ

  2019/10/11

20081026034758.jpg

まず結論から言うと、ぼくはこの行為は「アリ」だと思う。芸術か否かが議論の中心みたいだけど、仮にこれが芸術じゃなくタダの阿呆のやったイタズラだとしても、僕はアリだと思う。

彼らが芸術家集団じゃなくても、おそらくは僕を含めたアートを志す多くの者が、「悪ふざけにしても気が利いたビジョンだな」と思うし、もっと言えば「こういう俗悪とも思える行為の中に芸術の本質が隠れてるような気がするんだよね」とか言って、逆に大衆(先導するのはアート系の人たちだろうけれど)の側がこの行為を「アート」という位置に押し上げてしまうような気さえする。

でまあ、ピカッに関するいろんな記事とその書き込みとかを流し見たところ、批判七割賛辞三割といったところだろうか。chim↑pom死ねとか頭にきすぎて眠れないとか広島のヤクザの怖さを知らんだろ芸術を履き違えたガキどもが、とかいろいろ書いてあったけど、これまた逆手に取ったようなことを思うのだが、一般的な人がこれほどまでにアートか否かを考え議論しているのは、もしかするとデュシャンの泉(便器にサインしただけの作品)以来かもしれないのではないか(賛辞としてではなく、あくまで引用としてのデュシャンです)。

また脱線してなんとなく思うのは、どんなことをやったってどっちかが100%ってのはないんだなっていう当たり前といえば当たり前の事実。あの秋葉原通り魔事件の加藤智大だって褒める奴は褒めるし、ヒトラーを尊敬してやまない奴も永遠に存在し続けるだろう。不遇の画家の代名詞のようなゴッホでさえ、褒める人が皆無だったわけでもないらしい。

あ

で、これを狙ったのかどうかは知らないがピカッの数日後には蔡國強(ツァイ・グオチャン)という火薬を使った作品で有名な中国現代アートの大御所の作品、その名も「黒い花火」が行われた。もちろん原爆をテーマにしている。しかしこちらはブーイングもなく無事終了。

この画像が掲載されていた記事に「世界的に名の通った芸術家なら良くて新進気鋭のアーティストはダメなのか?」みたいなことが書かれていたが、それはちょっと論点がずれているような気がする、

Chim↑Pom(チンポム)についての関連記事

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

映画「カンヌ SHORT5」を見た

今日は4時起き。で、絵の制作1ゲーム。で、夜は学校で入学を検討している人向けの説 ...

居酒屋という異次元(後編)

店内に先客は三人いた。ともに、あまり経済状況がよろしくないのだろう身なりで、50 ...

新宅睦仁 個展「牛丼の滝」(高知)2014/10/2~10/14

まったく更新しておりませんが、ぼくは元気です。全力で個展の作品制作に励んでおる次 ...

個展「カップラーメンの滝(仮)」のお知らせ

気づけば2014年も終わりである。いわゆる年末である。 ここ数年、なんだか歳ばっ ...

新品からジャンク品まで

夏の終わりにあった、祖母のお葬式で興味がわいたので、葬式に関する書籍を買った。読 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.