本当の本当

  2017/08/22

大人になればなるほど時間はあまりにも早く流れていく。

以前はそのことをただ忌々しく思っていたけれど、最近はすこし違う。それは夢中にも似て、あるいは快感に近いものがあるのかもしれないと思う。

実際に全力で走るのと同じで、わき目も振らず猛然と駆けている時は、何もかも、自分の身体さえも忘れるようで快い。しかしひとたび立ち止まると、心臓が早鐘を打ち、息が上がり、汗が噴き出していることに気がつく。膝だって笑っているかもしれない。

むろん比喩ではあるが、現実でのそれは、たとえば今日みたいに会社を休んだ日にあたる。

そのような時、私は日がな一日、頭の中で平素のタイムスケジュールと現実を比較して過ごす。今ごろは本当なら電車に乗っていたはずで、本当なら会社に到着していたはずで、本当なら仕事をしていたはずでと、終業の時刻になるまで終始その調子である。

しかしその〈本当なら〉という考えもおかしな話で、本当はあくまでも会社を休んでいる今この瞬間の方である。にも関わらず、架空の本当の方をこそ、まさに現実であるべきと考えているのである。

これはきっと〈呪縛〉と呼ぶべき観念なのだが、しかし、いつもは気がつくことがない。言うまでもなく必死で疾走しているからで、そうであればこそ、無理やりにでもイレギュラーな日を設けて立ち止まり、この呪縛を思い出さねばならないと私は思う。

そうして立ち止まって気がつくのは、想像以上の疲労であり、まとわりつく疑問であり、拭い去れない虚無である。とにかくは私はいったい何をやっているんだろうという俯瞰的な観点である。とはいえ、別に答えなどない。首でも吊らない限り、劇的に何かが変わるわけもない。ただ、そのようなことを、あてどもなく思い、思い、思い、考え、考え、考える。

やはり答えはない。ただ、そういう日がなければ私が私ではなくなると感じている。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

それはボーリングという

2012/01/30   エッセイ, 日常

今日は何も書く気がなかったんだけど、さっき不注意でコップを割ってしまって、それで ...

芸術

2008/04/13   エッセイ

その大いなる嘘を語る夜は終わるはずもない。嘘だから、実体もなにもない。

表現の本質(ダウン症の我が子と戦争体験から見る表現の問題)

冒頭から結論を述べれば、表現とは〈伝えること〉に他ならない。欲を言えば〈より良く ...

素で、わたしは天才だとおもう。

2012/05/03   エッセイ, 日常

ばかみたいな今日の記事のお題。死ね、とお叱りを受けそうだが、でもいま、本気でそう ...

金で結ばれ、情で切れ。

我々が日々しこしこと会社へ向かうのは、他でもない金のためである。 もし金がもらえ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.