今までの人生で、今日がいちばん老いぼれの日

「残りの人生で、今日がいちばん若い日」と題された本を見かけた。ああ、なるほどなあと思ってから、しばらく、いや待てよとなる。

なんだこの気持ちの悪い、みつを何某のような寒気はと。むろん、内容は違うのかもしれない。そもそもなんの本かも知らないし、別に読む気もないが、しかし。

思うに、このタイトルはあまりにも楽観的なのだ。どう転んでもこれからまだ自分は生き続けるだろうと思っている。思い込んでいる。その浅薄であること、どこぞの成人式の輩にも重なる。

とはいえ、便所の壁にかけるカレンダーなんかには悪くないかもしれない。昔、実家の便所にかかっていた「にんげんだもの」とかいう戯言も、糞をひりながら読む分には妙な説得力があった。

そうか、これは糞にまつわる本なのではなかろうか。話のさわりはこうだ。糞をひり終え、立ち上がって水を流そうとするその刹那、ちらと目に入った我が身からひねり出された汚物に、はっと自分が単なる動物であることを思い出す。

動物であることを思い出すということは、自分が生きていることを意識することでもある。水を流すレバーに手をかけて、思う。否、思い知る。私は、生きている。

生はすなわち死でもある。私はいま生きているけれど、いつか死ぬ。死ぬのだ。すると、自然「残された人生」という問いが立ち上がってくる。

便器の中の水たまりで溶解して渦巻く糞。我が糞。気持ちのいいものではない。だがその色は、どうして悪くない。むしろいい。それはまったく、屈託のない糞だ。元気そうな、ほがらかな糞なのだ。

まだ、若い。それは確かな手応えをともなう実感だった。思わず口角が上向く。ざっと水を流す。糞で濁っていたのが、たちまち透明になる。清浄になる。それで何か悟ったような気になって、いやもっと何か大きな力に悟らされたように思われて、ひとりつぶやく。「残りの人生で、今日がいちばん若い日」なんだよな、と。

好き嫌いは分かれるし、言うほどおもしろくもない。そんな感じの本。たぶん。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

まれに暗転

2008/06/09   エッセイ

落雷で停電したらしく電車が遅れている。けど、落雷の響きにリアリティを感じられない ...

「オレ最高!」の化けの皮

朝っぱらから胸糞が悪い。 来週の6月15日が〆切のshiseido art eg ...

差別する心は恋心にも似て

人はなぜ差別するのだろうかと思っていた。とりわけ黒人差別の歴史などを見ると、その ...

フリーター、野宿者、そして衰退する日本(2)

その2.「国家にとって野宿者(ホームレス)とはなにか」 国家にとってホームレスは ...

季節を偲ぶ

明後日はクリスマス、らしい。そしてあと十日もすれば大晦日で、お正月、らしい。 し ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2023 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.