私はドMでドSである。

  2017/08/22

先日の恋愛相談に引き続き、またしてもその方からメールにてご相談をいただきました。

例によって内容については個別具体的なものではなく、抽象的なものとさせていただきます、が、それも今回のようなご相談ではほとんど意味をなさなそう。

はい、今回の相談いきます。「自分はかなりのMだと思っていたのだが、最近どっちなのかわからなくなった。とりあえずあなたはMだよね?」……とのこと。

ちょま!ちょっと待って!いや、だいぶ待って!いまこれを読んでいる方の九割方、いや九割九分九厘の人は絶対そのご相談相手の方ってのはバーチャルもしくはチャットかメル友か出会い系か金銭が発生してるか不純異性交遊かはたまたそういうプレイをぼくが一人で楽しんでいる変態なのではとかいうとにかくは何かしらのいかがわしいお相手ですよね?間違いないですよね?って思いましたよね? しかし、しかし断じて違うんです、信じてください!ほんとうに普通の人なんです!ただちょっと天然なんです!ああ、言い訳するところがますますあやしいって言われそうだけど怪しくない!全然怪しくないから!

というか、なんでおれにこんな相談してくるのかわからない。そりゃまあとりあえずおれはMだけども、別にそんなことはおれのパンツがブリーフかトランクスかふんどしかってくらいどうでもいいことでしょう。

いやまあ、とりあえずは質問にお答えしよう

ちなみに画像はぼくの自宅の窓から見た風景です。とてつもなくでかい穴が開いてます。ずうっと工事中です。ズバリ、SとかMの話にふさわしい画像でしょう。

閑話休題。

そもそも、自分がMかSかなんて知る必要があるのだろうか? 自分が買う服のサイズならばSかMかLくらいは知っておいたほうがいいだろうけれど、マゾかサドかって、いったいどこで問題になっていつどんな形で役に立つんだろう?

いや、こういう問題は抽象論にするとたいがいぼやぼやな机上の空論の話で終わってしまうんだ。だからこれは、現実、日常で起こりうる状況に落とし込んで逐一検証してみるとしよう。

検証1:自動改札にて、SUICAなどをかざしたところ、ピンポッと板が閉じてエラーになった。

Mの場合:あっツ、ダメなわたくしを締め出してくださった。しばらく待って再度かざさせていただきます。
Sの場合:あ、おいっ!バシッ!バシッ!(再度かざす音)なんだとッ!おいッ!ボロ機械がッ!

検証2:ケーキ屋にて、チョコレートの名前プレート付き誕生日ケーキを注文したら、名前が若干違っていた(例としてKENTAがKONTAになっていた)。

Mの場合:あ、えっ、ああ、ああッ? ああ、そうだった、おれ、コンタだった。どうもどうもコンタです。
Sの場合:ああッ? え、ああッ? そうそうそうそう、おれはキツネのコンタだお山の大将、葉っぱを頭に乗せて変身するのだコンコンコーンッ、ってバカッ!今すぐ店長呼べッ!

検証3:ある雨の日、コンビニに入って出てくると傘を盗まれていた。

Mの場合:あれっ、傘、あれっ、傘が無い。えー、あー、、はあ、帰ってシャワー浴びるか……(濡れて帰る)。
Sの場合:あ、傘がない、無い。無いからどの傘にしよう、これにしよう、さて帰ろう。

……ほんとすいませんでした。適当に書き始めたものの、なんの検証にもならず、しかも別にSかMかとかじゃなく、単なる気弱な奴と乱暴者の比較みたいになったうえにすべった内容になってしまいました。

って、ああっ? 文句あんのかコノヤロー。おれはドMだぞバカヤロー。無抵抗になって受け身になんぞコンチクショー。

さよならさよならさよなら〜。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

美術家 笹山直規に頭が上がらない

今夜は待ちに待った、私の師と言っても過言ではない笹山直規氏の展示のオープニングで ...

人はなぜ怒り、憎み、苦しむのか

2010/06/15   エッセイ

はい、またしても絵の話ではありません。そしてタイトルが重すぎてかったるくてすみま ...

実家暮らしの是非

2013/05/22   エッセイ, 日常

昨日、Yahoo!知恵袋でくだらない悩みを読んだ。というか、人の悩みなんて所詮ひ ...

大人になったという話

2014/06/05   エッセイ, 日常

大人になりたくないと思っていたが、いつの間にか大人になってしまった。 32歳と言 ...

うなぎの鼻歌

2012/07/23   エッセイ, 日常

元気があればなんでもできるということは、元気がなくてはなんにもできないということ ...