日常のための日常

  2017/08/22

中庸。つまり真ん中。ほどほどに不幸で、ほどほどに幸福。

劇的なことは何も起こらないが、劇的なことが何も起こらないということは、ある意味、劇的なことなのではなかろうか、なんて。

”ある意味”という言葉は実に便利な言葉だ。空疎な言葉を、適当に味付けして、意味深にしてくれる。

ある意味天才、ある意味富豪、ある意味エリート、ある意味美談、ある意味、ある意味、ある意味。

そうして昨夜は、ある意味うるわしい夜だった。

ここで用いるうるわしいとは、「人と人との間柄が良好なさま。仲がよい。親しい。また、むつまじい。(goo辞書より)」という意味で、である。

樋口夫妻の家を訪れて、いろいろと話した。寄せ鍋を振るまってもらい、酒を飲んで、しゃべって、笑った。

しばらく会わないうちに(半月ほどだが)、彼らは急に「夫婦」という言葉が似つかわしい雰囲気を醸し出していた。

以前はあくまでも「恋人」であり「男女」でしかなかったのが、ひとつ上の、「夫婦」という段階へと昇華しているように思われた。

何がそうさせるのか。結婚という契約を結んだことのない自分には想像することしかできないが、きっとそれは「安定」なのだろうと思う。

恋愛は、多かれ少なかれ、遠藤周作の言う「安定は情熱を殺し、不安は情熱を掻き立てる」という法則に終始するものなのだと思う。

そして恋愛の先にあるだろう愛は、これまた遠藤周作の言う「捨てないこと」に尽きるのだと思う。

もっとも、それはごくありふれたキリスト教的価値観の体現ではある。健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも……捨てない。

怒っているときも、笑っているときも、夫婦というものは、ある一つの場所に帰ってくる。黙っていても、彼、彼女は帰ってくる。

それは、限りない安定である。安定の中で、劇的なことは何もない。空気、関係性の弛緩はとめどない。タンを吐き、屁をこくようにもなる。お互いのことがまるで空気であるかのように、あらゆる痴態をさらすようになる。

それは、傍目には醜悪とも映る。しかし、それが夫婦であり、家庭と呼ばれるものなのだ。そういう次元にしか、夫婦というものは存在しないのだと思う。

ぼくは、親友の「夫婦化」を目の当たりにして、あるいは初めて夫婦の何たるかを知ったような気がする。

お互いの存在が、既成事実になる。当然になる。つまり、空気のような存在になる。

「空気のような存在」という使い古された表現を用いるとき、必ず思い出す話がある。

セルビアだったか、戦争で息子を失った母親が語っていた言葉だ。インタビュアーが、息子さんはどんな存在でしたかと尋ねると、母親はこう答えた。

「息子は、空気のような存在でした」

ぼくはこの表現に思わずギョッとした。おそらく大多数の日本人の感覚としては、「空気=無価値」だからだ。しかし、母親は続けた。

「空気のように、ただそこにあるだけで、私を幸せにしてくれる」

夫婦に完成形というものがあるとしたら、おそらく、こういうことなのだろうと思う。しかしきっと、そんな境地に至る道のりは遠く、険しい。ある意味、究極だ。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業www.shintaku.coにてご確認ください。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

やるならやらねば死んじまう

2009/08/08   エッセイ

マーシャル・マクルーハン(何者かは知らない)の言葉 「何ごとでももてはやされたと ...

今日という今日は

2012/01/31   エッセイ, ブログ

今日も料理のことでもアートのことでもない。でも今日、現代の美術家でいろんなとこで ...

親愛と暴力

2014/01/28   エッセイ, ブログ

昨夜は、メガネを取りに行った。 先年の末に、小出さんという方のお宅で飲み会をした ...

精神と肉体のこんにちは

2012/06/28   エッセイ, ブログ

画像は昨日の深夜練習。大根のかつら剥き&打ちもの、からの、にんじんのシャトー。 ...

「LIFE feat マクドナルドビッグマック」のコンセプト

【20120503改変版追記:吉野家牛丼:ワンダーウォール出品用作品コンセプト】 ...

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業 www.shintaku.co にてご確認ください。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.