調理師としてのわたし

  2017/08/22

画像の通り、調理師免許を取った。これが取りたいがために調理師学校(新宿調理師専門学校 http://www.shincho.ac.jp/ ←いちお母校なので宣伝してあげた)に通い初めてほぼ二年を経て、ようやくわたしは調理師となった。

感慨深いものがある。というのは真っ赤な嘘で、この賞状チックな紙切れは躊躇なく適当にまるめられお尻のポケットになんとか党の政策パンフレットのごとく乱暴に突っ込まれ汗その他の湿気でヨレヨレになって帰宅した次第である。

なんと言っても別に飲食関係でなにかしら志があったわけでもなんでもない。憧れているシェフだとか料理長だとかがいるわけでもない。あえて尊敬するとすればクックパッドであって、ただ単に調理師免許を持っていると言いたかっただけなのである。ゆえに今日からぼくの人生その他が変わるわけでもなんでもなく、言ってみれば120万円くらいで調理師免許を買ったようなものである。

自動車免許ならばさあこれからドライブへとなるだろうし、教員免許ならば子供たちを育てるぞとなるだろうし、医師免許ならば人を救うぞとかなんとかなるであろうが、しかし、調理師免許は名称独占資格であって、それがあるからと言って何か特別なことができるわけではない。できるとすれば、調理師免許持ってるし料理作ってあげるよと頭の悪い女をたぶらかすくらいのものである。

いや、建前としては、おいしい料理を作って親孝行を、または結婚してクッキングパパとなり積極的に家事育児参加し22世紀的父性を演じようと思う次第であるが、言うまでもなく建前は現実ではない。

学校入学前も卒業後も調理師免許取得後も、相変わらず料理は嫌いではないが好き!というほどではない。つまりまあまあである。

ぼくの考える食の真理は、好きな人や愛している人と食べればカップラーメンでも超がつくご馳走となる。そう、キリストよろしく人はパンのみにて生くる者にあらず(新約聖書「マタイ伝」第4章から)。重要なのは愛です、愛。L・O・V・E、ラヴです。って、そこまで言うならわざわざ調理師免許なんか取るなよという感じだが、まあ、実際に取ってみて悪い気はしていない。かと言ってそれほど良い気もしていない。つまりまあまあである。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

前の記事
人はみな意味不明
次の記事
月例報告:6月

  関連記事

料理レシピ:エビチリ

エビチリのレシピと書いたが正式には「むき芝えびチリソース煮」である。中国語でいう ...

いかにも私がパンツ皇帝である

2008/05/17   エッセイ

という件名で送られてくるSPAMメールがある。迷惑は迷惑だけど、その件名は嫌いじ ...

ある居酒屋に憤って気づくこと

人間にも善人と悪人がいるように、居酒屋にもいい店と悪い店がある。 もちろん、善と ...

人生が退屈ならすぐ死ね

2007/12/04   エッセイ

僕は幸福です。とにかくぼくは幸福です、いやまじで。

てんてんどんどんてんどんどん

2008/08/22   エッセイ

早くもフェードアウトな画像ですいません。 昨日は平日にも関わらずたくさんのご来場 ...