美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

うなぎの鼻歌

    2017/08/22

元気があればなんでもできるということは、元気がなくてはなんにもできないということである。

この土日、まあぼちぼちと絵は描いて、そうして素晴らしい絵になる希望の光が見えてきたのでそれは誠に結構なのではあるが、その反面、どうも体調がよろしくないのである。そういうわけで日も高いうちから横になって茫々と考えるともなく考えていたら、ぼくはお店で"うなぎ"を食べたことが無いことに気がついた。いや、正確には、吉野家以外のお店でうなぎというものを食べたことがない。

子供のころより、うなぎといえばもっぱらスーパーのパックで、酒を少々ふりかけレンジでチンであった。それで朕はいと満足であった。

がしかし、ここにきて、うなぎを店で食べたことがないことにハッと気がついた。

それはもしかすると、うなぎとはどんな味なのか、実は知らないのではないかわたくしは、という疑念であり、それは沸き起こり渦巻いて、具合はさらに悪くなり、そう考えると、ぼくは何を根拠に「うなぎが好き」と言っていたのか、わからなくなってしまった。

ぼくはうなぎの何を知っているのか。

そういえば、樋口くんの実家は福岡の柳川あたりでうなぎが有名なところなので、幼少のころより家族連れ立ってよく食べにいったという。

しかしその頃ぼくは、CO-OPつまり生協でとったうなぎのパックに、例によって酒をふりかけレンジでチンして「おで、うなぎ大好き!」と平和にやっていたのであった。

なんか、別にそれはそれでいいんだけど、なんか急に、悲しくなってきた。

どうでもいいことが、取るに足りないようなことが急に悲しくなってきて、涙がはらり、ほろり、更年期障害かもしれない。

うなぎ、うなぎ、うなぎ。

教えてください。うなぎって、本当はどんな味なのですか。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

こちらの記事もよく読まれています

1さくら水産の品格(ランチ編)

食べ放題は下品である。いや、食べることに限らず、基本的に”際限がない”ということ ...

2美術家になれないあなたは悪くない

最近、SNSで美術大学の是非についての意見が飛び交っている。美大に行く費用を作品 ...

3飽きるとは何か(子供の感性を失った大人の飽きについて)

「悪いな。もう、おまえには飽きたんだ」 昔の安いドラマにあるお決まりのセリフであ ...

4さくら水産の品格(居酒屋編)

大人と呼ばれるようになって十年も経てば、誰しも”酔いどれたい”という日があるもの ...

5作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

  関連記事

忘れすぎている

2008/06/07   エッセイ

自分の才能は枯渇してしまったのかもしれない、と悩む人がいる。言っておくが僕自身の ...

牛肉の蓮の葉包み蒸し、のレシピ

2012/02/08   エッセイ, 料理

夢を見た。どっかのビルの屋上。6階ぐらいの高さのビル。僕は屋上に誰かと居て、山田 ...

あまりにもくだらない夢とニョッキ

2012/04/17   エッセイ, ブログ

昨日の調理実習はニョッキグラタンとババロアでした。画像はなんなのかと言えば、食べ ...

平凡である事が幸せという平凡さ

2008/12/09   エッセイ

本日は雨。昨日ジョギングしといてよかった、けど、実は結構今日も走りたいような気分 ...

人生とはままならぬものと見つけたり

2013/04/11   ブログ

先日のクチャクチャグァポグァポの件の続き。 棺桶に片足突っ込んでいる人間に文句を ...