小さな人間の小さな生活の小さな後悔

  2017/08/22

最近、毎朝ナチュラルローソンに寄っている。買うものは「Dole JuiStand」という、¥180くらいする、お値段高めのスムージー風の野菜ジュースである。

で、今朝もそれを買うべく足を運んだ。めずらしく、なんだか小腹がすいていたので、「てりやきバーガー」も手に取り、レジに並んだ。

あらためて思うが、東京は並んでばかりである。たかがコンビニでなぜにそこまで行列ができるのか。まあそれだけ人が多いということなのだろうが、とにかくは今日は8人程度並んでおり、ぼくもその列に加わったわけである。

1人、2人とはけていく。するとふっと、なんでぼくはコンビニでてりやきバーガーなんか選んじゃったんだろうかという気がしてきた。コンビニのてりやきバーガーなんて、てりでも焼きでもなんでもない、おもしろくもなんともない味に決まっているではないか。実際、いままでも、ああ、ふつうにヤマザキのまるごとソーセージとかにしとけばよかったなと、何度も思ったことがあるのである。

別のに替えてこようか、でも、また並び直さねばならない。しかし、てりやきバーガーはちょっと。しかし、また最後尾。しかし、しかし、しかし。

そうこう思っている間にも順番はどんどん進んでゆく。レジに近づいてゆく。

次が自分の番だというときに、はっと、目に飛び込んできたものがあった。レジ脇にある、肉まんである。

ぼくはひらめいた。ああ、そうだ、肉まんにすればいいんだ。肉まんだ!

いや、でも、しかし、このくそ忙しいのに、よくも「すいません。このてりやきバーガーをやめて、やっぱり肉まんにしてもらえますか?」なんて間抜けなことが言えたものだろうか。

ぼくが店員ならば、(てりやきでも肉まんでもどっちでもいいじゃねーか。両方とも挽き肉と小麦粉だろうがバカヤロー、と思いつつ顔をチラリと見やる。やっぱりだよ。おまえみたいなしょうもない顔のやつはね、だいったい、だいたいそう。まったくわけのわかんねーこと言うんだよ。小さいんだよ人間が。え、なに? てりやきバーガーをやめて肉まんにしてください? ハァ? ほんっとどっちでもいいだろ。てりやきバーガー食ってさっさと寝ろ。そんなこともはっきりできねーからいつまでも結婚できねーんだよクズヤロー。)くらいは軽く思うであろうことは火を見るよりも明らかであった。

そして、とうとう、ぼくの番がやってきた。

ぼくは商品を差し出した。今だ。言うなら今なんだ。

「あの……」

「あたためますか?」

「あ、はい」

「279円になります」

「あ、はい」

「ありがとうございました」

人の一生はあまりにも短く、後悔すること夥し。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

前の記事
みんなのうんこ
次の記事
くさっても愛

  関連記事

地震で死ぬ日は近くて遠くて近い

2012/03/01   エッセイ, 日常

なんか今朝、地震があったらしいですね。らしい、というのは、ぼくはその時間は小田急 ...

人生はだんだんおもしろくなくなる

昨日、二年ぶりくらいに「男はつらいよ」を見た。YouTubeで。 二年前くらい、 ...

ARTDISFOR作品コンセプト【1】

2008/10/14   エッセイ

来週、とあるギャラリーへプレゼンをしにいくので、今一度自分たちの考えを再認識&総 ...

ぼくのサイズ

2013/05/14   日常

ぼくのサイズと言っても、いちもつのサイズとか、そういう下世話な話ではない。という ...

父が倒れても僕は倒れない

2009/01/21   エッセイ

父が倒れた、という連絡があった昨夜、じゃなく一昨日の夜遅く。 念のため、祖父では ...