ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

来年の個展について

  2017/08/22

詳細な日程は未定だが、来年2014年の後半に下記ギャラリーで個展の予定である。

沢田マンションギャラリーroom38(高知県)

http://sawaman-room38.com/

ここは東京都。地元は広島県、からなら多少は近いが、いかんせん友達は皆無。そしてもちろん高知県にも知り合いは皆無。というわけで、いったい誰が来てくれるのかはわからないが、ぼくのファンならばきっと来てくれるはずだと思う。二人か三人くらいは。つまり、両親と妹くらいは。

というか、よくよく考えたら生まれて初めての個展である。なんか、なんとなく、一回くらいはやったことがあるような気がしていたが、一回も無かった。グループ展なら何度もあるが、個展というものをやったことがなかった。first solo exhibitionである。って、英語で言う必要はまったくない。

もちろん現代美術家を志す者ならば、誰しも願わくばコマーシャルギャラリーでやりたいところではあるのだが、鳴かず飛ばずの自分なりのホップステップとして、いじけずひねくれず最高のパフォーマンスをひねり出して高みへ繋げたいと思う。

で、今から計画を立てないと作品が間に合わないので、以下、その個展計画メモ。

[個展名]LIFE feat 1,000,000kcal(吉野家牛丼ver.)(仮称)

(ライフフィートヒャクマンキロカロリーヨシノヤギュウドンバージョン)

[コンセプト]ほぼ、HP掲載コンセプト内容のママ

[作品点数・内容]

◆25号*4点

803*652の横2連結は? 1606*652mm

803*652の横3連結は? 2409*652mm

◆(40号*2を縦連結:803*2000mm)*4点

◆100号×2か3くらいの画面に牛丼食事映像をスライドで投影

F100パネル1枚のサイズ 1620*1120mm

2枚連結の場合:1620*2240mm

3枚連結の場合:1620*3360mm

てなことを、下記のギャラリー図面と照らし合わせつつ——ほとんどの人はいったい何をしたいのか理解不能だろうが——まじめに考えているわけである。

▼ギャラリー平面図

http://sawaman-room38.com/web/img/gallery-planview.pdf

▼ギャラリー展開図

http://sawaman-room38.com/web/img/gallery-developedview.pdf

まあ、わたしも怠惰な人間であるので、キャンセル不可能な予定があるというのはモチベーションの維持には打ってつけではある。まさかぐだぐだの適当な作品を並べて笑っていられるはずもない。そんくらいだったら絵なんてやめちまえ! というわけで、そろそろおのぼりさんの浮かれ気分に喝を入れて制作に励みたいと思う。

それはさておき、もう自分自身ほとんど忘れてしまっていたが、現在わたしの作品が2013年11月9日(土)〜12月1日(日)まで、世田谷美術館分館・宮本三郎記念美術館にて展示中である。

▼第2回宮本三郎記念デッサン大賞展 「明日の表現を拓く」。

http://www.miyamotosaburo-annex.jp/exhibition.htm

お暇な方は、ぜひご高覧ください(ほとんどの人はどうせ暇に決まってんだろと思っている)。ちなみにわたしはまだ見に行っていない。たぶん、今週か、来週か、再来週か、とにかくは見に行く予定である。たぶん。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

前の記事
秋々と冬
次の記事
幸福な、滑落する日々

  関連記事

かつての子供が親になり

2013/12/18   ブログ

電車内で子供が泣きわめいている。時々、そういう車両に乗り合わせる。 微笑ましく思 ...

季節を忘れる空間

2007/11/10   エッセイ

日が沈むのが早くなると秋を、冬を感じる。 どうでもいいけど、家のビルの一階にマン ...

ぶってない、ひとりも悪くない

2007/12/12   エッセイ

今晩は一人で飲みに行く。 今まで店先を何度も通り過ぎ、何度も怪しいけど入ってみた ...

日常の中、欲求ではないものは

2008/02/21   エッセイ

何か最初に誰かの考えとかを引っぱってくると文章が書きやすい。今はそれ以前に眠くて ...

死んでもいいとは思うのだけれど

2013/01/02   エッセイ, ブログ

新年早々と人はいう。しかし、なにが早々で、なんの意味があるのか。 いや、別に怒っ ...