女の尻と一生

それは彼の出来の悪い娘に見えなくもないが、違う。

性的なものが漂っているし、カネのにおいもする。

「タバコやめたん? すごいね。どうやってやめたん?」

女はいかにも軽々しい調子で、きっと彼女の親よりも年上だろう男性に言う。

「あれよ、ニコチンの、ガムよ」男の声質は完全に老人のそれである。

「へえ。あれって、効くん? ていうか、保険効くん?」「ああ、まあの。」若い女の澄んだ声と、そこに端から泥を塗るようなタンの絡んだ声のやり取りは奇妙で、いやでも耳につく。

どこぞのクラブだかキャバクラだかの、いわゆる同伴出勤であろう。長い髪に、短いスカート。つまり彼女は彼女を売っており、彼はその商品を買っている。

紀元前から、なんなら原始の時代から、かような商売の絶えたことのない人類史であるので、それはそれで構わない。ただ、ここが福笑い的おっさんがイメージキャラクターの激安居酒屋チェーン店となれば話は変わる。

しおれた懐事情が知れるというものだが、他方、股間にはかなりの一物を秘めているらしい。

「ちゃんとごはん食べよる?」女が聞く。「まあ、の」男が答える。「昨日なに食べたん?」「うん、コロッケ」「買ってきたん?」「ババアが、作ったやつよ」

それが老母か、老いた妻のことかは知れない。ただ、いい年をした大人の物言いでないことだけは確かである。

「そうなん。人が作ってくれたものって、おいしいよね」「まあ、のう」「最近、人の作ったものって、食べてないなあ。」「コロッケ、頼むか?」

話は一切の起伏も熱もなく、いっそカウンセリングのような冷静さで淡々と続く。私はそれを遠く聞きながら、空いた生のジョッキを店員に渡し、ハイボールを受け取る。

「ちょっと、タバコ吸ってきていい?」彼女は立ち上がり、黒い革のジャケットを羽織って店を出る。ひとりテーブル席に残された男は、とたんに等身大の老人に成り下がる。

今ごろ、彼のババアは何をしているのだろうか。

女が戻ってくると、「いくらかいの?」男が声を張り上げる。ふたりは連れ立って、会計に向かう。真横をさっと通り抜ける時、わかりやすく性的な香水が鼻をつく。

ババアは、今日もコロッケを揚げているかもしれない。その揚げ立ての、家庭的な匂いについて考える。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

天才だった彼は

『LOS ANGELES LAKERS 2001』 スーパーからの帰り道、背中に ...

深すぎるギャップ

2007/12/23   エッセイ

なんとなく思う。東京に来て故郷を忘れるってやつ。 きらびやか「らしい」世界に飛び ...

言わずもがな、という言語

2008/08/05   エッセイ

雷が一日中くらい鳴っていた。雨もすごかったらしいけど、僕は外に出ていないのでよく ...

いつか、というのは今かもしれず

2008/01/31   エッセイ

珍しく画像を解説。これは僕と樋口が福岡から東京に向かって爆走している時の一コマ。 ...

言葉は知性を顕すのである。

2014/08/16   エッセイ, ブログ

めっきり更新が減っており申し訳ありません。決して生きることを怠けているわけではな ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.