あ、そう。39歳。

  2021/04/09

先月の3月29日は私の誕生日で、39歳になった。

あ、そう。

昭和天皇じゃなくても、そう言う。当の私自身、そう思うし、そう言う。

あ、そう。

そこのところへきて、Facebookは余計なことをしてくれる。誰かれかまわず私の誕生日であることを宣伝してなんか言えよと触れ回る。

この冷たい世界にあって、世間の人は案外に優しいというか、おせっかいな人が多いから、おめでとうの一言くらいは指を動かしてくれる。まあ、「おめ」くらいで変換予測候補に出るだろうから、鼻をかくほどの労力ではあろう。

『○○さん、××さん、他14人があなたのタイムラインに投稿しました。』

しかしそういう定型的な、おざなりなやり取りが好きではない私は、ただのひとつもコメントをチェックする気になれないまま、誕生日を過ぎ去らせ、2日経ち、3日経ち、そして一週間以上が経過してなお、やはり見る気になれないでいる。

私は私以上の当事者はいない私の誕生日を「あ、そう。」と思っている。

その「あ、そう。」以外のなにものでもない私の誕生日に対するコメントに「あ、そう。」以上のものがあるわけがない。

もちろん、それらのコメントに悪意などないことはわかっている。むしろ善意そのものであろう。しかし、善意から出たものが、すべて、いつもいつも人を喜ばせるとは限らない。いっそ悪意の方が快いことさえあると、私は思う。

ある程度の歳をとれば、さっさと死ねよくらいでちょうどいい。いやほんと、真面目な話。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
女の尻と一生

  関連記事

危機感と行動

2014/07/31   エッセイ, ブログ

今日でとうとう7月も終わりである。理想的な目標としては、あと一か月で太郎賞への応 ...

小さき日々へ

実家に戻ってきて三ヶ月ほどが経つ。 外国での生活とはかけ離れた日々。老親との三人 ...

羨ましいわけではなく

34歳ともなれば、別に地方でなくとも同年代の知り合いの多くは所帯を持っている。そ ...

芸術家とはすなわちDIY 野郎

2009/05/12   エッセイ

なんか蜘蛛みたいというか畳張り職人みたいというか大の大人が日曜日になにやってんだ ...

ドローイングを認められる日

2008/11/19   エッセイ

他社の評価云々はおいといて、自分のドローイングをどうも「ぼくの作品です!」と言い ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.