かすみを食って、あの世では。

昨日も食って、今日も食い、来る日も来る日も何かしらを食っている、われわれは。

いつまで食うんだろう? そう考えると、ときに馬鹿馬鹿しくなって、うんざりする。ロマンも糞もあったもんじゃない。

逆に言えば、死はロマンである。食わないですむし、むろん、糞もひらないから、美しい。

友人の訃報に接して、なぜだかそんなことを思った。彼女はうまそうに飯を食う人だったからかもしれない。

それにしても、ほとんど悲しみを感じないのはなぜだろうか。親友というほどではないが、ひところは毎日のように顔を会わせていた。

しかし、もう何年も会っていない。だからこれは、それが何十年か延長されただけ、あの世に行くまで会えなくなったに過ぎないともいえる。

あの世なるものを積極的に信じているわけではないが、少なくとも、現世で会えることだけはもう絶対にないのだから、再会の可能性があるとすればあの世しかないだろう。

それで彼女は、いまごろ何を食っているだろうかと思いをはせる。たぶん、彼女は「かすみ」を食っている。

それはまさしくこの世ならぬ食べもので、言うまでもなく糞とは無縁の美しい代物だ。

と、この世からすれば「かすみ」そのものになってしまったような彼女が「かすみ」を食う姿がありありと浮かんでくる。それは透明と透明で、すばらしい透明で。

それをまねて「かすみ」を食おうとして私は、悲しいことに気がついた。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

アメリカのゴミ

アメリカのモノはでかい。だから当然、そのゴミもでかい。 でかいと人間、大雑把にな ...

頭を挟みたい空間

2008/09/04   エッセイ

今朝も早起きで絵を描く。なんかペースが落ちてるような気がする、けど問題なく期限に ...

ライフワーク- 自画像

2008/10/29   エッセイ

描き始めたのはたぶんけっこうな純粋な気持ちで、少しでも絵がうまくなりたいからだっ ...

運動会という単語を連呼する大人たち

2012/04/27   エッセイ, 日常

夢のような飲み物でた!コーラなのにトクホ!特保! 炭酸なのに健康!脂肪の吸収抑え ...

見てくれも能のうち

2013/05/24   エッセイ, 日常

昨日の毎日新聞のコラムにこんなのがあった。 引用始め。 幕末・維新のリーダーにつ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.