美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

かすみを食って、あの世では。

 

昨日も食って、今日も食い、来る日も来る日も何かしらを食っている、われわれは。

いつまで食うんだろう? そう考えると、ときに馬鹿馬鹿しくなって、うんざりする。ロマンも糞もあったもんじゃない。

逆に言えば、死はロマンである。食わないですむし、むろん、糞もひらないから、美しい。

友人の訃報に接して、なぜだかそんなことを思った。彼女はうまそうに飯を食う人だったからかもしれない。

それにしても、ほとんど悲しみを感じないのはなぜだろうか。親友というほどではないが、ひところは毎日のように顔を会わせていた。

しかし、もう何年も会っていない。だからこれは、それが何十年か延長されただけ、あの世に行くまで会えなくなったに過ぎないともいえる。

あの世なるものを積極的に信じているわけではないが、少なくとも、現世で会えることだけはもう絶対にないのだから、再会の可能性があるとすればあの世しかないだろう。

それで彼女は、いまごろ何を食っているだろうかと思いをはせる。たぶん、彼女は「かすみ」を食っている。

それはまさしくこの世ならぬ食べもので、言うまでもなく糞とは無縁の美しい代物だ。

と、この世からすれば「かすみ」そのものになってしまったような彼女が「かすみ」を食う姿がありありと浮かんでくる。それは透明と透明で、すばらしい透明で。

それをまねて「かすみ」を食おうとして私は、悲しいことに気がついた。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

サンダードルフィンに乗った

2009/02/16   エッセイ

乗った。トーキョードームシティ内にあるジェットコースターに。その名もサンダードル ...

ARTDISFOR作品コンセプト【1】

2008/10/14   エッセイ

来週、とあるギャラリーへプレゼンをしにいくので、今一度自分たちの考えを再認識&総 ...

儀式としての酒席から

2008/02/11   エッセイ

うまくいかないと口に出すのはよくない。マイナスなことを口に出すのはよくない。逆に ...

うるさい夜

2015/12/09   エッセイ, 非日常

六本木ヒルズの29階にある、某大手動画配信会社のパーティに行った。 しかし、なん ...

友人に飢える(大人になると友達が居なくなる)

友人がいない、と思う。 でも、大人になったらみんなそんなものなのだろうとも思う。 ...