ここはアメリカ

「ここはアメリカなんだよな」と、たまに思う。

それはスーパーで買い物をしているときだったり、信号待ちをしているときだったり、あるいは夜、窓外から聞こえる車の音がふっと途切れた時だったりする。

アメリカ、アメリカ、アメリカ。確かにここはアメリカらしいのに、どこか遠く、現実離れしている。

アメリカでの暮らしは悪くないと思う。まずビールが安い。発泡酒や第三種なんてケチな酒は売っていない。全部本物のビールだ。ワインだって安い。日本では見たことがない1.5Lサイズの瓶なんか見るとテンションが上がる。あるいは牛乳なんか1ガロン(3.8L)サイズのボトルで売っているから、どっちが牛だかわからなくなる。それに食べ物がでかい。大盛りをサービスだと考える日本人にとっては、毎日がお得なサービスデイだ。

そういうひとつひとつが、何か冗談のように思える。もちろん、おもしろいことはおもしろい。しかし、そんなことはじきに慣れてついに飽きる。実際、5カ月目にしてすでに飽きた。

飽きれば人間暇になるので、余計なことをあれこれ考えるようになる。37歳というミドルエイジクライシス真っただ中の年頃なので、自然、自分のこれまでと、これからのことを考えることになる。ふとWikipediaをのぞいてみれば、心あたりのある言葉が並ぶ。

中年期の心理的葛藤は、以下のような感情や行動となって表れる。

  • 出社拒否などの職場不適応症、うつ病、アルコール依存症といった臨床的な問題
  • 空の巣症候群
  • 自己の限界の自覚
  • 達成する事の出来なかった物事への深い失望や後悔
  • より成功した同輩・同僚に対する屈辱感・劣等感
  • 自分はまだ若いと感じたい、また若さを取り戻したいという思い
  • 一人になりたい、もしくは気心の知れた者以外とは付き合いたくないという欲求
  • 性的に活発になろうとする、もしくは逆に全く不活発になる
  • 自身の経済的状況や社会的ステータス、健康状態に対する憂鬱、不満や怒り
  • 人生の前段階で犯した過ちを正す、または取り戻そうとする

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/中年の危機

まさにこんな感じで、漠然とした徒労感というか、無力感を感じる。もともと自分大好きのナルシスト人間の私でさえこうなのだから、そうでない人の苦しみやいかほどかと思う。

思えばいつも「何か」を待っている人生だったと思う。それはコンペの結果であったり、恋愛の行方であったり、 とにかくはいつも何かしらを待ち焦がれていた、というか今この瞬間も相変わらずだ。しかしその「何か」はいつまでたっても訪れず、決まって肩透かしを食らう。

何も起こらない。びっくりするぐらい何も起こらない。明日は、来月は、来年はと期待し続けて、その最後に、単なる死が用意されている。その当たり前の現実が、年々リアリティを増す。それはつまらない映画のような結末で、「え? これで終わり? 続きは? もうちょっとなんかあるでしょ?」とかなんとか言ってみても、なんにもない。

そう考えると、とたんに夢を追うなんていう行為が陳腐でくだらなく感じられる。バカじゃないのと自分で思う。バカじゃないと夢は追い続けられない。半端なバカは、「普通に考えれば」そうなるだろう現実が恐ろしくなって、夢を思い出として笑おうとする。

私はバカになりたい。大人になると面倒なことが山ほどあって、もう何もかも捨ててさっさと首でもくくりたくなるようなことがしょっちゅうだから、バカじゃないとやっていけない。

いわゆるアメリカン・ドリームは、もはや存在しないのだと本で読んだ。実感として、私もそう思う。じゃあなんでアメリカなんかにいるんだろう? バカだからだよ。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業www.shintaku.coにてご確認ください。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
アメリカの動物
次の記事
中年のあぶら

  関連記事

追われない人

2008/10/01   エッセイ

天気が悪くて困る、何が困るって洗濯物が乾かなくて困る、が、部屋干しは室内の美観を ...

感覚の発展

2008/09/22   エッセイ

びっくりするくらい何もすることがないのに7時前に目を覚ます。 それならだらだらと ...

まわるお寿司の彼方

2015/08/20   エッセイ, 食べ物

昨夜は神田駅前でまわるお寿司を食べた。 ”まわるお寿司”なんて柄にもなくぶりっ子 ...

あたらしいのは思考だけ

2012/01/13   エッセイ, 日常

狭い世界のみなさんこんにちは。以前ほぼ毎日更新していた「つまり、どこにも行きたく ...

刻々と消費されゆく

2008/02/20   エッセイ

かのカールマルクスは死に際に吠えたという。それというのも家政婦が最後に何か言い残 ...

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業 www.shintaku.co にてご確認ください。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.