美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

いやな奴を退けよ

 

この世にはいやな奴というのがいる。いいや、ぼくは、わたしは、そんな人ぜんぜんいませんよという人は、残念ながら他でもないあなた自身がそのいやな奴である可能性が高い。

ふつうに生きていれば、いやな奴という存在に嫌でも出くわす。それはもうこの世で生きる者はみな命の尽きる定めのようなもので、我々がいくら気をつけてみてもどうこうできるものではない。

そこで唯一できることは、そのいやな奴を可能な限り遠ざけることである。いかにも消極的ではあるが、しかし、それこそが正攻法なのである。

いやな奴というのは、店で出された料理にまぎれ込んだ髪の毛のようなものである。髪の毛なんて珍しくもなんともなく、まるきりのハゲでなければ自らの頭にもごまんと生えているそれが、料理の中に迷い込んだ途端、それはもう人をして総毛立たせずにはおかない。

なぜか。断じてそれが異物だからである。そこにあってはいけないのである。だから、我々のできることといえば、それを遠ざけて店を出るか、あるいは作り直してもらう他ない。

どうしてこんなところに髪の毛が? なぜに私がこんな目に? ――そんなことをいくら考えてみたところで、らちのあくものではない。あなたのクソいまいましいその味噌っカス野郎があなたの目の前に今日も無駄に元気でいる理由は、まことにお気の毒ではあるがもっともらしい理由は何もない。

どんなつまらない人であろうと、それは他山の石であってあなたを磨くことになるのだと昔の人は言った。しかし、そのいやな奴は、あなたを磨くのではなく削るのである。磨くと削るは、むろん同じ行為には違いないが、後者の場合、あなたは擦り切れて消滅してしまうおそれがある。

削りに削られた挙げ句に潰えた無数のいたましいニュースを持ち出すまでもないだろう。そう、いやな奴からは、ただ距離を置くべし。そのためならば、その学校、その会社、そのグループを抜けるべし。

いやな奴は、ほんとうにどこまで行ってもいやな奴でしかないのだ。断言する。いやな奴とも折り合いつけんと骨折る暇があるのなら、好ましい誰かと愚痴でも並べた方がよほど建設的である。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

今年もまた年末らしからぬ

2014/12/24   エッセイ, ブログ

今年もまた年末らしさのない年末がやってきた。 その前に、今日はクリマススイブとい ...

ダイエット、自分磨いてどこへゆく

2012/08/14   エッセイ, ブログ

一句読んでしまった。季語はないが。 人は危機感によってしか動かないものだと痛感す ...

間違っている日本語

2013/07/26   エッセイ, ブログ

先日、書きかけのまま放り出していたブログ記事があるので、それをリサイクルしたい。 ...

ガハハハハ、絵も料理もうまいのだ。

2012/04/30   エッセイ, ブログ

おっす。おらゴコウのスリキレ。 で、今日は「料理レシピ:ジャガイモのニョッキグラ ...

感受性という器官(若さと老いについて)

2016/04/08   エッセイ, コラム, 書評系

サマセット・モームの【読書案内―世界文学 (岩波文庫)】を読み返していると、何の ...