美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

小さき日々へ

    2019/02/15

実家に戻ってきて三ヶ月ほどが経つ。

外国での生活とはかけ離れた日々。老親との三人暮らしに、刺激らしい刺激はない。一日はほつれた服の糸のごとく、引いてもいないのにほどけるかのよう。そして最後には何も残らない、という。

だけど、口には出さない。そんな病んだ物書きのようなことを言われていい気のする人はいない。だいいち大人げがない。

それで心ばかりの罪滅ぼしとでもいおうか、毎晩彼らの食器を洗っている。洗っていると、その端々に彼らの現在を発見する。

たとえば茶碗に残る箸の跡。小皿に残る醤油だまり。それはあまりにもか弱く、無防備だ。いっそ今にも消えそうだ。

ふっと使命感のようなものが芽生える。彼らは私を必要としている。私は彼らを支えてやらねばならない。

それはいわゆる愛と呼ばれるものかもしれない。私は彼らを愛しているような気がしなくもない。だが、しかし。

老いた彼らの夜は短い。おやすみと言われ、おやすみと言う。

老いた彼らの朝は早い。おはようと言い、おはようと言われる。

とてつてもなく単調で、あきれるほど退屈な、だけどそれほど悪くない日々。世間でいう幸せとは、このようなものなのだろうということはわかる。わかってはいる。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。
前の記事
狂ってない人
次の記事
渡米のお知らせ

  関連記事

雪白く燃える

2009/01/03   エッセイ

ご飯=お酒の毎日を過ごした正月三が日、無口な肝臓は黙々と働いてくれたようで、さし ...

○○をする態度

2012/03/25   エッセイ, ブログ

みなさま応援ありがとうございます。おかげさまで絵の制作は順調でございます。という ...

過去ひきずり未来志向

2008/06/05   エッセイ

僕らの未来はー! て意気込んでも夜は静かで静かにふけてゆく。僕らの未来はー! と ...

〜岡本太郎現代芸術賞展〜の巻

2009/02/09   エッセイ

昨日は岡本太郎美術館に行ってきた。お目当ては2月7日から始まった今日のタイトルの ...

決してプライスレスではない(前篇)

2014/05/09   エッセイ, ブログ

人生というものを思った。いったい、ふつうの人は一日をどのように過ごしているのだろ ...