美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

小さき日々へ

    2019/02/15

実家に戻ってきて三ヶ月ほどが経つ。

外国での生活とはかけ離れた日々。老親との三人暮らしに、刺激らしい刺激はない。一日はほつれた服の糸のごとく、引いてもいないのにほどけるかのよう。そして最後には何も残らない、という。

だけど、口には出さない。そんな病んだ物書きのようなことを言われていい気のする人はいない。だいいち大人げがない。

それで心ばかりの罪滅ぼしとでもいおうか、毎晩彼らの食器を洗っている。洗っていると、その端々に彼らの現在を発見する。

たとえば茶碗に残る箸の跡。小皿に残る醤油だまり。それはあまりにもか弱く、無防備だ。いっそ今にも消えそうだ。

ふっと使命感のようなものが芽生える。彼らは私を必要としている。私は彼らを支えてやらねばならない。

それはいわゆる愛と呼ばれるものかもしれない。私は彼らを愛しているような気がしなくもない。だが、しかし。

老いた彼らの夜は短い。おやすみと言われ、おやすみと言う。

老いた彼らの朝は早い。おはようと言い、おはようと言われる。

とてつてもなく単調で、あきれるほど退屈な、だけどそれほど悪くない日々。世間でいう幸せとは、このようなものなのだろうということはわかる。わかってはいる。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

こちらの記事もよく読まれています

1さくら水産の品格(ランチ編)

食べ放題は下品である。いや、食べることに限らず、基本的に”際限がない”ということ ...

2美術家になれないあなたは悪くない

最近、SNSで美術大学の是非についての意見が飛び交っている。美大に行く費用を作品 ...

3飽きるとは何か(子供の感性を失った大人の飽きについて)

「悪いな。もう、おまえには飽きたんだ」 昔の安いドラマにあるお決まりのセリフであ ...

4さくら水産の品格(居酒屋編)

大人と呼ばれるようになって十年も経てば、誰しも”酔いどれたい”という日があるもの ...

5作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

前の記事
狂ってない人
次の記事
渡米のお知らせ

  関連記事

エロ本は、茂みにありて拾うもの、そして悲しく濡れるもの【後編】

こちらから読み始めてしまった方は前回の記事「エロ本は、茂みにありて拾うもの、そし ...

父の日とかいう日もあった

2013/06/17   エッセイ, ブログ

そういえば昨日は世間では父の日だったらしいが、ぼくは何もしていない。 遠く離れて ...

ブログを引越しました。

2008/05/04   エッセイ

自分の使い方だと大して変わんないんだろーけど、多数決に屈してアメブロにしときまし ...

間違っている日本語

2013/07/26   エッセイ, ブログ

先日、書きかけのまま放り出していたブログ記事があるので、それをリサイクルしたい。 ...

盲目なる我が身

2014/01/15   エッセイ, ブログ

先日の、賃金不払い問題の記事を読んでくださった方、その内の一部の方々へ。このよう ...