美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

小さき日々へ

    2019/02/15

実家に戻ってきて三ヶ月ほどが経つ。

外国での生活とはかけ離れた日々。老親との三人暮らしに、刺激らしい刺激はない。一日はほつれた服の糸のごとく、引いてもいないのにほどけるかのよう。そして最後には何も残らない、という。

だけど、口には出さない。そんな病んだ物書きのようなことを言われていい気のする人はいない。だいいち大人げがない。

それで心ばかりの罪滅ぼしとでもいおうか、毎晩彼らの食器を洗っている。洗っていると、その端々に彼らの現在を発見する。

たとえば茶碗に残る箸の跡。小皿に残る醤油だまり。それはあまりにもか弱く、無防備だ。いっそ今にも消えそうだ。

ふっと使命感のようなものが芽生える。彼らは私を必要としている。私は彼らを支えてやらねばならない。

それはいわゆる愛と呼ばれるものかもしれない。私は彼らを愛しているような気がしなくもない。だが、しかし。

老いた彼らの夜は短い。おやすみと言われ、おやすみと言う。

老いた彼らの朝は早い。おはようと言い、おはようと言われる。

とてつてもなく単調で、あきれるほど退屈な、だけどそれほど悪くない日々。世間でいう幸せとは、このようなものなのだろうということはわかる。わかってはいる。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

前の記事
狂ってない人
次の記事
渡米のお知らせ

  関連記事

問答無用な

2008/08/26   エッセイ

マイケル買いする人はマイケルジャクソンの親戚スジの人であると思うことにした。 デ ...

空費だとしたら眠れない

2008/05/01   エッセイ

明日は雨らしい。いつかの僕は初めてのデートの時にはまず「暑いね」「寒いね」「温暖 ...

市井の人が埋もれない時代

2012/11/15   エッセイ, ブログ

本日の画像の一枚目は神保町のとある古本屋の前に置かれたホワイトボード。雨の日以外 ...

立ち上がるには座らねばならない

2007/11/30   エッセイ

ってどっかで聞いた言葉な気がする。パクリだったらごめんよ。 あー、今日は久々に絵 ...

土日というか休日にある幸福

2012/05/27   エッセイ, ブログ

とてもとても天気がよい。天気がよいって切り出し方にはもう飽き飽きしてはいるんだけ ...