似たものしか愛せない

  2017/08/22

お気に入りのバーがある。当方、バーなんて柄ではないが、どう見ても居酒屋とは形容しがたい洒落た店なのでバーと呼ぶしかない。ちなみに英語ではバーは居酒屋のことなので外人にとってはどうでもいいことである。

週に4〜5回は行く。毎日と言っても過言ではない。当然、店の人とは顔なじみである。よって、新しい人が入ればすぐにわかる。

とはいえ、入れ替わりはそれほどない。あったとしても、二、三度も会えばまた新たな馴染みとなる。

最初に見知った店員はシンガポール人、その次はマレーシア人。どちらも愛想がよく自然と好感が湧いた。しかし今度来たのはインド人で、これがどうも好きになれない。

彼は黒人である。と言っても色々あるが、いかにもな黒さの黒人らしい黒人である。だからだと言ってしまえば、そうなのかもしれない。しかし、私はレイシストと言うほどの積極的な感情は持ち合わせていないし、黒人それ自体を毛嫌いしているわけでもない。では、何が私に負の印象を与えるのかと言えば、多分にその容姿であろうと思う。

そう、この黒人は器量がよくない。スタイルにしても、頭が小さいわけでも手足がすぐれて長いわけでも、あるいはスマートな身なりをしているわけでもなく、むしろ小汚い。そこのところにきて、彼の顔には幾多の吹き出ものが黒々とした複雑な隆起を形作っている。それは単なるニキビの類であろうが、漆黒の肌の上にあってそれは、私の目に何か忌まわしい病のようにさえ映る。

それで、私は少なからず嫌悪を覚える。むろん、彼に罪はない。あろうはずがない。私の偏った美的基準に適合しなかったに過ぎない。

黒人の顔形と言えば、ルワンダの「ツチ族」と「フツ族」のことを思い出さずにはいられない。かつてルワンダはベルギーの植民地だった。そこでベルギー人は、同じ言語を使って暮らしていたひとつの部族を、彼らの美的基準――鼻の大きさや肌の色など、要するにギリシャ彫刻的な美の物差し――でふたつの部族に選り分けた。

結果、ヨーロッパ人好みの顔をしたツチ族と、そうではないフツ族が生まれた。ベルギー人は税制面や教育面においてツチ族を優遇した。当然部族間に不和が生じる。これが50万とも100万とも言われる犠牲者を出したルワンダ虐殺へと繋がる。

遠い過去の話でも、他人事でもない。そう、結局のところ、私の感覚はこのベルギー人となんら変わるところがない。しかし、このような好悪は、あるいは本能に近いもののような気もする。我々は意識するしないに関わらず、自らに似たものに惹かれると同時に、異なるものを遠ざけてしまうのだ。

それは古代においては、自身だけでなく自民族を守るためにも実際的な反応であったろうと思う。しかし今日、それは差別の萌芽に他ならず、本能ではなく理性によって乗り越えられるべきものである。

そんなことは百も承知である。しかし、私の親類縁者などとはあまりにもかけ離れたその黒い肌に近づけば近づくほど、つまり彼らと言葉を交わし、手を握り、ハグをして――表面的な友好を深めるほどに、私の中に消しがたくある忌避感を認めないわけにはいかない。あるいはそれをあけすけに、また声高に叫ぶ人をレイシストと呼ぶだけで、私は私がそうでないとは、ちょっと自信がない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

豚肉の薄切り炒め、の料理レシピ

前回に続き、と言っても相当日々の徒然をはさみましたが、【上漿(シャンジャン or ...

羊頭狗肉のほうがいいから

2012/09/04   エッセイ, 日常

た、た、た、体重が平常に戻った! 実のところ最近はもう年齢上しょうがないんだろう ...

再・東京生活

2013/11/07   エッセイ, 日常

東京は雨である(今は上がっている)。 再上京して七日目。体調良好、精神状態も良好 ...

善は急いで試行錯誤

2012/07/18   エッセイ, 日常

なぜそのタイミングでやり始めるのかと自分でも思うのだが、今朝、出かける30分前く ...

S賛歌

2009/01/16   エッセイ

普通のは漢字の“目”のような形になっているのだが、型のキャンバスは木枠が十字にな ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.