私はネイティブジャパニーズ

  2020/09/18

海外に住む日本人にとって、自分がネイティブの日本語話者であることを意識する機会はあまりない。

自分が現地のネイティブでないことを思い知ることならいくらもあるが、日本語で何か問題が解決できたようなことは皆無だからだろう。

ところで先日、カトリックの聖書勉強会で、1つの祈りのフレーズを異なる7つの言語で読むという試みがあった。

シンガポールらしく、中国語の方言である広東、福建なども異なる言語として数えていたのには笑ったが、しかし、言語の何たるかを改めて考えさせられた。

スライドで映し出された各言語でのフレーズ。ほとんどはアルファベットですらないので、読むことさえできない。とはいえこの地で40人も集まれば、自ずと多様な顔ぶれになる。

マレーシアに出自を持つ人はマレー語で、インドの人はヒンディー語で、韓国の人は朝鮮語でと、読み上げられていった。

同一のフレーズのはずが、どう考えても同じ意味内容だとは思われない。各言語にある濃厚な個性が衝突して、船酔いにも似た違和感を生じさせる。

最後に、そこで唯一の日本人である私が立たされて、日本語で読むことになった。

その行為は私に、私は日本人であることを強烈に意識させた。同時に、彼らにとって私はどうしようもなく外国人であることを際立たせた。

私が難なく読み上げたその日本語は、しかし、私が他言語について感じたように、彼らにはまったくの意味不明であったに違いない。言語は民族のアイデンティティの中核にあって、我々と彼らとを峻別する。私の周りにぐるりと壁が、あるいは谷が現れたような気がした。

そんな感覚とは裏腹に、その後、私に興味を持ったらしいシンガポーリアンに誘われて飲みにいった。それはともかく、彼の英語はあまりになまっていた。私は見当違いの返答を繰り返した。会話として成立しているかどうかも怪しかった。

にも関わらず、二時間超も飲んで、話し続けた。すると言語とは別の何かが立ち上がっていることに気がつく。それはとても懐かしい感覚だった。母語では、日本人同士ではとうの昔に失われてしまった、面倒くさくもいとおしい、何か。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

ガハハハハ、絵も料理もうまいのだ。

2012/04/30   エッセイ, 日常

おっす。おらゴコウのスリキレ。 で、今日は「料理レシピ:ジャガイモのニョッキグラ ...

月例報告:3月

2013/03/31   エッセイ, 日常

今日で3月も終わりです。 今月の努力は以下の通り。 【3月】 絵画制作時間:35 ...

リタイア

2008/08/23   エッセイ

今ごろ二日酔いで具合が悪すぎます。ので、今日は早引きしてしまいました。 明日はた ...

告知:「くたばれ東京藝大」展

2008/03/10   エッセイ

次期個展詳細が決定しました。詳細は下記URL、新宅or樋口のホームページのお知ら ...

ぼくにとっての受験と画塾

2009/11/02   エッセイ

最近、ほんの気まぐれで高校三年の時に通っていた画塾のことを思い出して検索してみた ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2023 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.