私のうそつき

  2017/08/22

その受付には見覚えのある顔があった。と言っても、彼女がそこで働いていることはとうに知っていたのだから、当然と言えば当然であった。

彼女とは今度呑みに行こうと話していて、だから今日もまた居るかもしれないという予想はあった。しかしそのやり取りは、丸一年も前のことである。今度もなにも、そもそもが嘘になってしまったと思うと、自然、決まりの悪いような気持ちにもなってくる。

ほどなく彼女も私に気がついて、だけど至極かための仕事の最中だから、挨拶のひとつも交わせるわけでもない。互いに微妙な表情の変化だけを見せて、私は待合室のソファに腰かけた。

それにしても、ほんとうに一年も経ったのかしらと、あらためて記憶を辿る。しかしそれは年に一度の健康診断で、どう考えてもやはり一年という時間が経過しているのであった。

今度呑みに行こう――もちろん、別に嘘をつこうと思ったわけではない。しかしどんな気持ちからの言葉であろうと、今、それはどうしようもなく嘘になってしまっていることを認めないわけにはいかない。

「今度」というたった一語で、わけなく一年が過ぎ去る。その事実はちょっと恐ろしくて、だけど、人生のなんたるかを如実に表しているようにも思える。だって冗談抜きで、「今度」という言葉を百回も使えば、すべての約束を反故にしてあの世にとんずらしてしまうのだ。

「今度は嘘になる」と言ったのは私の父である。子供の時分に聞かされて、以来これを忘れない。しかし私もまた時に、この忌むべき「今度」を口にする。あるいは、その頻度は年々増しているような気もする。

なにはなくとも、嘘をついたら謝らねばならない。少なくとも、埋め合わせくらいはしなければならない。だけどそれさえもまた「今度」で、今度の今度のまた今度で、いっそ「また来世」くらいの話になって、この嘘つきと言われても仕様がないのだけれど、やっぱりどうしてまた今度。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

もう無限とは思えない歳

2007/12/12   エッセイ

なんつーかこれは前から思ってることなんだけど、気分がいい時、明るい時って言葉が出 ...

きょうは風がつおいからお休み

2012/04/03   エッセイ, 日常

きょうは風がつおいからお休み風がつおい。つおい、というのはアラレちゃん。しかし若 ...

もはや秋とは呼べなくて

2012/11/05   日常

晩秋の おしりにやさし 便座カバー どうでもいい句を読んでしまったが、この土日で ...

生まれ出づる性愛

2013/08/23   エッセイ, 日常

思いがけず昨日の記事が好評だったので、勘違いしてエロ方面に傾いて書く。 さて、性 ...

ひとつの遠近感

2008/05/03   エッセイ

エスカレーターとエレベーターの区別が付くようになったのはいつ頃のことだったか。J ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.