生きたかったり、死にたかったりする。

  2020/07/06

生まれたら、死ぬだけ。

それ以上でも以下でもない。いやいや、人間の一生はもっと尊くて、それ以上だって言う人は多い。だけど生まれたら死ぬだけにしては人生は長すぎるってだけのことで、やっぱり、それ以上でも以下でもない。

ぼくだって人間の機微を知らないわけじゃないから、こんな身も蓋もないことは言いたくない。でも、どう考えても、人間の一生は、生まれたら、死ぬだけ。

そんなこと、わざわざ言わなくたってみんな知ってる。にも関わらず、人間は簡単に死にたくなったり、あるいは生きたくなったりする。

ああ、もう死にたいなあと思っている人たちは、今この瞬間も無数にいる。逆に今、もっともっと、なんなら永遠に生きていられたらなあって思う人も、同じくらいたくさんいる。

両者の何が違うのかと考えると、たぶん、お金だったり恋人だったり、家族や友人、地位や名誉だったりする。そういう、人を喜ばせたり落ち込ませたりするものが、あったり無かったりする。まあ、だいたいは、あったものが無くなった時に人は死にたくなって、無かったものがあるようになると、人は生きていたくなる。

よくよく考えたら、それってすごくおかしい。少なくともこれを読んでいる人は、あとはもう何やったって死ぬだけなのに、得たり失ったりすることで右往左往しながら生きている。あの世には紙切れ一枚持っていけないのに。

究極、ハッピーエンドもバッドエンドもない。とにかくは終わりが決まっている。べつに野球に興味はないけど、あえて野球に例える。いくら手に汗握るドラマがあっても、最初から巨人が勝つことが決まっている。そんな試合を誰が見たいと思うだろう。でも、人生ってそういうこと。すでに終わりだけは決まっている。

やらせかよ。八百長かよ。金返せ。文句の一つも言いたくなる。そういう夜がたまにあって、眠れなくて、だから言う。ふざけんなよ。それは強いて言えば神様に対してだけど、おい、ちゃんと聞いてんのかよ。おかしいだろ。何へらへら笑ってんだよ。貴様、ふざけんな、殺すぞ。

って言っても、どうせ死ぬからどうでもいいと言えばいいんだけど、生きてるうちにやることはやって、言いたいことは言っておかなければならない。てめえ、絶対ぶっ殺す。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家。美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

前の記事
おもちゃのむらく
次の記事
怒りについて

  関連記事

ガハハハハ、絵も料理もうまいのだ。

2012/04/30   エッセイ, ブログ

おっす。おらゴコウのスリキレ。 で、今日は「料理レシピ:ジャガイモのニョッキグラ ...

例によって35回目の

2017/03/29   エッセイ, 非日常

べつに嬉しくも悲しくもなんともないんだけど、誕生日となると、どうしてなんだか落ち ...

男はポニョってベンジャミン

2012/06/24   エッセイ, ブログ

ほんとうはしっかりと絵を描くつもりであった週末。しかしF20のパネルに水張りしか ...

邪道の王道をゆく

2013/04/15   エッセイ, ブログ

金曜日と言えば酒である。酒と言えば揚げ物である。というわけで串カツ屋を訪れた。そ ...

今日はインタビュー

2009/01/26   エッセイ

は? と思われた方もいるかもしれないが今日はART DIS FORがインタビュー ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.