怒りについて

  2020/07/19

怒らなくなって久しい。

昔はいろいろあって、しょっちゅう、死ぬほど怒っていた。そのツケで、そろそろハゲるのではないかと怯えている。いや、真面目な話。

それはともかく、久々に怒っている。理由は書かない。怒る理由なんか人それぞれだし、それが些末なことであるか、怒るべきことであるかのモノサシは人によって違う。そもそも怒りに安っぽいも高尚もない。怒りはすべて、つまらないものだ。

だから私の怒りをわかってほしいとも思わないし、わかってもらう必要もない。むしろわからなくていい。問題は自分の中に怒りがわき起こってしまった、そのこと自体である。

お釈迦様でもない我々は、ついうっかりしていると怒ってしまう。むろん、大人になれば露骨に顔や態度に出すことは滅多にないが、実はけっこう、はらわたが煮えくり返って焼死しそうだったりする。

イライラする。何考えてんだ。ムカつく。常識がない。頭がおかしい。――そんな感情が、心臓だか肺だか腸だか、とにかくは腹の中をぐるぐると駆け巡る。それは光よりも速いので、激しく摩擦し、熱くなる。擦り切れ、裂けて、バラバラになる。

気が済まないと、人は言う。では、仮にその誰かが土下座でもしてくれたらスッとするだろうか。それなりの金品をもらえば晴れやかになるだろうか。はたまた笑えるか、どうか。

怒ったことがある人ならわかるだろう。人は一度怒ると、また笑うためには時間を要する。少なくとも一時間かそこらは、怒りの感情から逃れることができない。文字通り、笑えない。笑おうとすると、引きつる。

その気分の悪さといったら、それこそプライスレスである。具体的な価値に換算できないものを補償できるわけもない。

怒りとは、本来的に常に爆発するもので、それは無限を志向する。宇宙のビッグバンと同じだ。爆発したが最後、膨張し続けて、もはや止めることはできない。

だから何よりもまず、怒らないこと。それがもっとも重要で、唯一の対処法である。

だけどやっぱり怒ってしまう我々は、その都度、さながら短パンTシャツで宇宙空間に投げ出されるようなものなので、まあ、もだえ苦しむ他ない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家。美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

友人に飢える(大人になると友達が居なくなる)

友人がいない、と思う。 でも、大人になったらみんなそんなものなのだろうとも思う。 ...

間違っている日本語

2013/07/26   エッセイ, ブログ

先日、書きかけのまま放り出していたブログ記事があるので、それをリサイクルしたい。 ...

考えずとも思わずとも、にちにち流れゆく

2012/03/19   エッセイ, ブログ

今日でテストは終わり、そしてテスト後はクラスで飲み会です。何度かみんなで行って安 ...

有効活用の限界

2008/09/08   エッセイ

またどうでもいいことを考える。 子供のころ(小学生くらい)、毎日のように「おれい ...

出会いと別れのくりかえし

2014/01/03   エッセイ, ブログ

昨日、ひさしぶりに会った友人――ここでは仮にYさんとする――が離婚することになっ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.