怒りについて

  2020/07/19

怒らなくなって久しい。

昔はいろいろあって、しょっちゅう、死ぬほど怒っていた。そのツケで、そろそろハゲるのではないかと怯えている。いや、真面目な話。

それはともかく、久々に怒っている。理由は書かない。怒る理由なんか人それぞれだし、それが些末なことであるか、怒るべきことであるかのモノサシは人によって違う。そもそも怒りに安っぽいも高尚もない。怒りはすべて、つまらないものだ。

だから私の怒りをわかってほしいとも思わないし、わかってもらう必要もない。むしろわからなくていい。問題は自分の中に怒りがわき起こってしまった、そのこと自体である。

お釈迦様でもない我々は、ついうっかりしていると怒ってしまう。むろん、大人になれば露骨に顔や態度に出すことは滅多にないが、実はけっこう、はらわたが煮えくり返って焼死しそうだったりする。

イライラする。何考えてんだ。ムカつく。常識がない。頭がおかしい。――そんな感情が、心臓だか肺だか腸だか、とにかくは腹の中をぐるぐると駆け巡る。それは光よりも速いので、激しく摩擦し、熱くなる。擦り切れ、裂けて、バラバラになる。

気が済まないと、人は言う。では、仮にその誰かが土下座でもしてくれたらスッとするだろうか。それなりの金品をもらえば晴れやかになるだろうか。はたまた笑えるか、どうか。

怒ったことがある人ならわかるだろう。人は一度怒ると、また笑うためには時間を要する。少なくとも一時間かそこらは、怒りの感情から逃れることができない。文字通り、笑えない。笑おうとすると、引きつる。

その気分の悪さといったら、それこそプライスレスである。具体的な価値に換算できないものを補償できるわけもない。

怒りとは、本来的に常に爆発するもので、それは無限を志向する。宇宙のビッグバンと同じだ。爆発したが最後、膨張し続けて、もはや止めることはできない。

だから何よりもまず、怒らないこと。それがもっとも重要で、唯一の対処法である。

だけどやっぱり怒ってしまう我々は、その都度、さながら短パンTシャツで宇宙空間に投げ出されるようなものなので、まあ、もだえ苦しむ他ない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

休日の日曜日と呼ぶべき日曜日があったことを話したい(後編)

2015/07/31   エッセイ, 日常

キラキラネームのウンチクを得られる有意義な一日になりそうだ。そう思いながら、しば ...

ナルシスティックミッドナイト

2012/04/08   エッセイ, 日常

先日の父のガンの話、ひとり真夜中にワイン飲みながら泣きながらパソコンでバチバチ書 ...

みんなが働くわけ

いろいろあって職場が変わった。 まあ、私の人生はだいたいいつもいろいろある。とは ...

月例報告:6月

2013/07/01   エッセイ, 日常

ようやく自信を持って描いた時間を記録できるモチベーションがやってきた。このまま死 ...

ブログの検索キーワードに見る悲喜こもごも

2012/08/11   エッセイ, 日常

ひさしぶりにまともに料理してみた。 鶏手羽の酢煮込み、ぶり大根。鶏手羽のほうは小 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2024 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.