人生そのもののようだった日々

昨年末の12月に、シンガポールから広島にある実家に帰ってきて、117日が経った。そして明日、渡米する。

ビザ取得に要する時間など、おおむね当初の予定通りで、これくらいになるだろうことはわかっていた。

しかし大学から家を出て以来、これほど長期に渡って実家で過ごしたことがない。それで気がついたことは少なくなかった。

老親が文字通り老親であること、時間が恐ろしく単調に流れること、その日常に起伏はなく、何ひとつ特別なことは起こらないこと。

それで数週間ほどが経つと、その日々にすこし苛立っていた。渡米まではまだ相当にあったから、身を持てあましていたのである。それは人生における若者の焦燥感に似ていた。

二月ほどが経つと、その日常にいくらか愛着がわいていた。代わり映えのしない生活も悪くないように思われ、私の一生はこれでいいのだという気さえした。それは人生における壮年の円熟に似ている。

残り一月を切ると、時間が加速度的に流れ始めた。この日々が終わりゆくことに、恐れと焦りを覚えた。それはたぶん、人生における老年の悲しみに似ていよう。

そしてこの最後の二、三日は、腹をくくる気持ちと未練とが絡み合って、四六時中落ち着かず、どこか上の空のような気持ちでいる。それはきっと、人生における最晩年にある心持ちではないだろうか。

人生八十年という。それを濃縮すると、ちょうどこんな感じなのだろうと思う。何をどうやっても時間は流れ、終わりは来る。先は長いと思っていたら、時間切れ。そんなこと、みんな知っている。私だって知っている。それはそうだけどと、私は考える。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業www.shintaku.coにてご確認ください。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

不安、高揚、ヤケクソ、萎縮

2008/03/17   エッセイ

土日はブログをさぼりがち。理由は聞かないでくれ。どうでもいいけど、ガムの甘い匂い ...

激しくぶれて倒れ込み

2008/03/22   エッセイ

歩きながら携帯をいじるのは危険だ。特に老人には。なんたって注意が散漫になる。ぼく ...

やらない善よりやる偽善。

2012/04/22   エッセイ, ブログ

唐突に本題に入るけど、人間の本質ってのは、いったんなんなんだろうか。日常会話でも ...

シッ!やつ(台風)がくるッ!

2012/06/19   エッセイ, ブログ

台風がくるらしく、今日は学校がお休み、かと思いきや一限だけはやるとのこと。 あー ...

いと不吉なこと起こりけり

2009/07/10   エッセイ

ほんとに不吉だと思ったからブログに書かずに封印していたんです。ほんとに不吉なんで ...

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業 www.shintaku.co にてご確認ください。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.