金で結ばれ、情で切れ。

  2017/12/29

我々が日々しこしこと会社へ向かうのは、他でもない金のためである。

もし金がもらえないのなら、行かない。行くわけがない。

しかし、世の中には情が入らざるを得ないだろう仕事がある。たとえば看護、それに教育、あるいは住み込みの家政婦。

今でこそ日本で家政婦は一般的ではないが、かつては少なくなかった。だから近代日本文学にはよく女中が登場する。夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる女中の清(キヨ)など、その典型である。

言うまでもなく雇う側と女中とは、金銭的利害関係で結ばれている。つまり、金が払えない・もらえないならそれまでである。

だとしても、そこにはしばしば金銭を超えた、魂の交流とでも言うべきものが生ずる。先に挙げた坊ちゃんにしてもそうだが、幼年時代より住み込みで長年付き合っていれば、自然と深い人間関係が育まれるのは当然かもしれない。

ところで、シンガポールで家政婦、それも住み込みはごく一般的である。先日、クリスマスのディナーに招かれたお宅にも居た。

どこか怯えたような顔つきをしたマレー系の初老の女性で、最初にヘルパーだと紹介されると、それきり裏に引っ込んだ。

用意された料理は豪勢だった。七面鳥の丸焼きに、子牛の煮込み。そのお宅の夫婦や他の客人とともに、せわしなく食べ、ビールにワインにとグラスを重ねた。

ほどよく酔いがまわってきたころ、庭先にしつらえられた洒落たテーブルに移った。ケーキを食べて、お茶を飲んで、ブランデーなんかも垂らした。我々はよくしゃべり、よく笑った。

ふと、その手入れが行き届いた庭の端の暗がりで、ヘルパーがバケツの水を流しているのが見えた。それは誰だかの詩で、女が放尿する音を「しゃぼりしゃぼり」と表現した、あのえも言われぬ寂しさを想起させた。

散会が近づいたころ、家の主人がヘルパーを呼んだ。携帯を渡して、写真を撮らせた。我々はみな笑って写真に収まった。私の携帯でも撮ってほしいと頼む者があって、もう4、5回ばかり写真を撮った。それでも我々は、やはりみな笑って写真に収まった。しかし、ついにヘルパーがそこに加わることはなかった。

私は、はからずも憐れんだ。今日はクリスマス。なんだか、ひどい仲間はずれみたいだと思った。彼女は住み込みで働いている。毎日顔を合わせている。家族みたいなものではないか。

もちろん、彼女は金によってそこにいる。あくまでも「スタッフ」であって「客」ではない。それは正しい。間違ってはいない。全然、間違ってはいない。だけど。

だけど、今日はクリスマス。とにもかくにも、みな愛し合いなさいと言った人の生まれた日。何より彼らは熱心なカトリックで、まあ、それとこれとは別なのかもしれないけれど。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

ブラックアウトする精神

先週の土曜日は会社が主催しているイベントに駆り出され休日出勤であった。で、その後 ...

芸術を騙る

2008/07/18   エッセイ

土曜日の朝も、目覚ましの音で始まる。 自転車レースのツールドフランスでドーピング ...

かくかくしかじかで温泉に行った

2009/06/30   エッセイ

まともな旅行は二年ぶりくらいだろうか。だいたいが出不精なのでそもそも行く気がない ...

記憶の出ずるところ、向かうところ

2013/02/23   エッセイ, 日常

妹が近々結婚するという。日取りなどという話ではないが、いよいよ現実味を帯びている ...

料理は見た目が7割

2012/08/12   エッセイ, 日常

健全すぎる日曜日。八時に起床しランニング。汗だらだらのその足でスーパーに行き、そ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.