夢をかたづける

  2020/09/17

大型のスーツケースを開けると、一年半前と同じにおいがした。

相当、かなり、目一杯、夢を詰め込んでこの地にやって来たことを思い出す。夢のにおい残る空っぽのスーツケースに、今は夢の残骸を詰め込んでいる。

何がダメだったんだろう、なんて犯人探しはしない。犯人が見つかっても、つかまえても、きっと虚しい。

みんな、同じ時を生きている。一年、二年、あるいは十年、二十年。そこで人は、実りあるものになったとか、ならなかったとか、何らかの結果を思う。

それはもちろん、自分の予想、期待、目論見、そこからの距離であって、遠ければ遠いほど、人は落ち込んで、悲しむ。

私は、この地で、できるだけのことはやったんだと、よくやったんだと、ついさっき、五分前まで、そのように思っていた。だけれども、一年半前のスーツケースのにおいは、私のそのような解釈は自己防衛で、ごまかしに過ぎないことを、ずばり、指摘した。

それは突然、「おまえ、口くさいよ?」と言われるような衝撃で、私は、うん、とか、そうかな、とか、どうしていいかわからず、曖昧に笑って、戸惑って、とりあえず、その場を逃れることにした。つまり、スーツケースを閉じた。

マジで? って感じがする。いや、もう若くはないんだけど、人間、本当に驚いた時は、雑な言葉が口をつくもの。マジで? いや、おれの人生、マジで?

何もかもが結局はいい経験になるんだと、人は言う。私はそんな発想を、救えない貧乏根性だと切り捨てたい。悪い経験は、もっと、挫折は、はっきり挫折でしかなく、私は失敗したのだと認めて受け止めなければならない。

前向きに、ポジティブに解釈するのはとても簡単だ。それは本能的な生存欲求に似て、自分を守るための方便でしかない。ダンゴムシをつつけば丸くなるのと大差ない。

だから私は、これを、あくまで理性的に、私にとって人生で初めての挫折なのだと、失敗以外のなにものでもないのだと、全身で受け止めて、ちょっと、泣きたい。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

親を泣かせば

実家に帰れば歓迎されるのは毎度のことである。3人ある兄弟のうち他はみな女だし、地 ...

朝もはよからプロジェクターで絵を描いて

2013/03/26   エッセイ, ブログ

昨日は仕事から帰ってすぐに寝た。22時前には寝た。どうも家族と会話をする価値が感 ...

地震で死ぬ日は近くて遠くて近い

2012/03/01   エッセイ, ブログ

なんか今朝、地震があったらしいですね。らしい、というのは、ぼくはその時間は小田急 ...

自分への手紙

2015/12/17   エッセイ, 日常

自分に手紙を書いた。 今までたくさんの手紙を書いてきたが(恋愛が九割)、自分に手 ...

今日もまた

2008/04/13   エッセイ

燃えていきます。画像は昨日のものです

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.