笑いと悲しみ

悲しい時は言葉があふれる。逆に楽しい時には言葉が出ない。

だから今は、すらすら書ける。楽しい時に言葉が出ないのは、その典型的な反応である笑いが、言葉ではなく単なる音でしかないからだろう。

笑いは単純だ。一方の悲しみは複雑だ。それで物理的に、笑いは短くならざるを得ず、悲しみはしばしば長くなる。

お笑いのネタが長くても10分15分であることを考えてみればわかる。悲しみをそんな短時間で表現するのは難しい。

そう考えると、印象に反してお笑いとは言葉少なで、寡黙でさえある。悲しみは多弁だ。

なぜだか人は、特に知識人と言われる人なんかは、暗くて湿っぽいものを高尚と考える向きがある。

「いいね」の一言で済むものを「非常に興味深い」云々とでっちあげるのが彼らの流儀だから、余計に悲しみは長くて冗長なものになる。

しかし本当にこの世で素晴らしいもの、尊いものは、決まって短く儚い。たぶん誰でも知っている。むろん、短くて儚いので、とうの昔に過ぎ去り失われていることとは思うのだが。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業www.shintaku.coにてご確認ください。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
溺れない夢
次の記事
夢をかたづける

  関連記事

洗濯に関する一切は即刻退去せよ

2014/01/29   エッセイ, ブログ

昨日はひさしぶりすぎる休肝日であった。しかもランニングにも励んだ。おかげで今朝は ...

2年間のシンガポールでの生活を終えて

このたび、丸2年のシンガポールでの生活を終え、日本に帰国する運びとなりました。 ...

感受性という器官(若さと老いについて)

2016/04/08   エッセイ, コラム, 書評系

サマセット・モームの【読書案内―世界文学 (岩波文庫)】を読み返していると、何の ...

頭でっかちなど居ない

2008/02/25   エッセイ

下り坂をゴミ山がゆっくりと降りてくる。しかしそれはゴミ山ではなくホームレスの全財 ...

脳みそとこころと確率の話

2014/04/23   エッセイ, ブログ

古代人は、心は胸にあると考えた。すなわち心臓である。しかし現代では、それは脳にあ ...

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業 www.shintaku.co にてご確認ください。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.