男はつらいというか芸術家は貧乏だよ

  2017/08/22

金曜の夜のこと、画像の通りさんまの塩焼きと、大豆と豚肉とニンジンのトマト煮?を作って食べる。

この大豆のやつ、缶詰でポークビーンズとかいうのがあると思うんだけど、あれがぼくは大好きなのだ。それとパン、ワイン。なんかキリストっぽさMAXで、聖なる食事という感じがするし、ぼくにとってはごはんと味噌汁漬物に近いくらいの清潔さがあるのだ。そんなわけで大好きなポークビーンズを自分で適当にマネて作ってみた次第。うむ、なかなか、いやかなりうまい。

それはともかくこのさんまその他を近所のスーパーダイエーで買ってきたのだが、そこで素敵なお子様に出会う。地下の日用品その他雑貨を売っているコーナーで、ランドセル売り場を通りかかったときだった。

「あ、ランドセルほしい。持ってるけど。いいなランドセル、持ってるけど。」

小学2、3年生くらいだろうか。バカねえと母親にいなされていたのだが、ああなんていとおしい子供なんだろうかと胸がきゅんきゅんしてしまった。

そんなこんなでさんまでビール、ポークビーンズとパンでワインを飲み飲み、男はつらいよを見る。ひとりで気味が悪いほどに笑う。

「私の寅さん」という回だったのだが、これは傑作であった。マドンナが女流画家という設定で、寅さんの名言がぽろぽろ出てきて感心し通しであった。

安っぽい対抗意識で、いろいろと突っ込みどころも満載であった。女流画家は絵で飯を食っているということになっていたのだが、その作品がしょうもない静物画で、そんな絵で飯が食えるんだったら苦労せんやろと思ったり、絵が寅さんのはずみで汚されてしまうのだが、その修正方法がペインティングナイフで上塗りというところが、いやいやどう見ても油彩で乾いてるはずないんだからそれは布に油を少しつけてふき取るのが先だろうとか、とにかくは辛らつに突っ込んでしまった。

それはいいとして、この回でさくらが「ひろしさん、キャメラキャメラ!」という場面があるのだが、奇しくもこの日に読んだ本で、カメラが庶民の手に届き始めたころはキャメラと言っていたということを読んでいて、ああほんとにキャメラって言ってるわ、なんて感心した。

で、ようやくで寅さんの名言をご紹介。

「女のインテリと便所のなめくじほど嫌なものはない」

「お金持ちの芸術家は芸術家じゃない」

「彼女は芸術家だから、貧乏なんだよ」

なんか、思うところが多かった。山田洋次監督はきっと世間の典型的イメージの画家というものを描いていると思うのだが、まあ世間のイメージはこんなもんだろうと。また、画商というやつが出てくるのだが、それがまたいけすかないインテリ風のきざな男で、お金持ちということになっている。

世間のイメージとは、そういうもんなのだろう。この回は1973年に公開されたそうなのだが、悲しいかな、この日本での芸術家のイメージについては、まったく、ちっとも変わっていないのは、まあアートを取り巻く現状を見れば納得としか言いようがない。ちょっと絵を描いていると言えば、二言目には「売れるのは死んだあとなんでしょ?」というような人ばかりなのだから。いつの時代だよ、まったく。絵の留学と言えばパリだと思ってるのも、終わってるとしか言いようがない。もう、とうの昔にアートの中心はパリからニューヨークに移ってますからね。日本人にとってアートという文化が家具やカーテンを選ぶくらい身近なものになる日なんて、西暦3000年になったって来る気がしない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業www.shintaku.coにてご確認ください。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

わたしとあなたの幸福論

たとえば目覚まし時計が鳴り出すように、たとえば悪夢で飛び起きるように、たとえば自 ...

ブログの検索キーワードに見る悲喜こもごも

2012/08/11   エッセイ, ブログ

ひさしぶりにまともに料理してみた。 鶏手羽の酢煮込み、ぶり大根。鶏手羽のほうは小 ...

気分のままに生き流れ

2013/08/09   エッセイ, ブログ

最近、風になりたい。 別に千の風になってあの人の頬をなでたいとか、そういう安いロ ...

偽らざる所感

シンガポールに来て3ヶ月が過ぎた。 その間、あまりにもいろいろなことがあったよう ...

冷たいジャングル(コンクリートジャングルが死語となった現代都市のランニング)

ランニングに出かける。都会の街中を走る。ほこり立つ国道沿いで息を切らす。 言うま ...

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約45円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業 www.shintaku.co にてご確認ください。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.