俗人の没落

  2017/08/22

日々がおそろしく単調である。誰だって多かれ少なかれ単調だろうが、それにしても単調である。

努力は決してエキサイティングなものではないが、それにしても退屈である。決してすることもなくて暇なわけではないが、頭の中が"漠然とした何か"を渇望しているのをひしひしと感じる。

キューブラー・ロスの死の瞬間を読んでいるのだが、その中で、死の近い患者がこう言う。

「ときどき絶叫したくなるときがあるんです」

そんなフレーズに妙に共感してしまう今日このごろである。

とりあえずカラオケに行って絶叫してこようかなんて思うが、へたに声の枯れた三十がらみの男やもめの帰り道の虚しさが想像されて、およそ行動までには至らない。というか、ぼくが絶叫したいと思う気持ちはそういうことで解消されるものではない。

とにかくもう、渇き、飢えているのだ。と言っても別にセックスがしたいわけじゃない。そんなもんで満たされるもんならとっくの昔にやりまくってる。

ちょっと、ぞっとするのだ。このいまの生活が延々と続き、ただただ老いてゆく自身を思うと、もう、いったいどうすればいいんだと、それこそ動物のように咆哮してついでに泣きたくなる。

泣きたい。しかし、最近はどうも涙が出ない。もはやみずみずしい若者のように、自分の世界に酔って涙することもできないところまで来てしまったのだなあ、とか思う。

つまるところ老けた。

そんなこんなをとりとめもなく思いわずらってそれほど小さくない我が胸を痛めていると、またしても例のクリープハイプにわたしの気持ちを代弁されてしまった。

「本当の事を言えば毎日は 君が居ないという事の繰り返しで

もっと本当の事を言えば毎日は 君が居るという事 以外の全て」

(クリープハイプ「手と手」より)

ああ、来る日も来る日も呆れるほど暑い。四六時中顔を中心に、身体中がベタベタしてしょうがない。

しかし最近は、特に見せる人も見せたい人も居ないので、べたべたのままに、見てくれのことはとりあえず忘れて、どこに行く用事もないし、誰の誘いもないし、だけどSNSを見てるとみんなやけに夏ってやつをエンジョイしてるみたいだし、それがまた精神に深刻な害を及ぼすほどにきらきらと輝いて見えて、単純にうらやましくなって、さびしくなって、ああ、おれはいったい何をやっているんだろうかと、いや、ヤケにもならずにやることはやっているんだけれど、いや、だからこそかもしれない、ひたひたと虚しさが追いかけてくる。

しかし逃げるところも無いので、とぼとぼと、虚無と一緒に歩いて帰る。

初めてかもしれない。どこか遠くへ行きたいと思う。しかし現実問題、今日はP100号パネル3枚分のお金を振り込んだので、どこかへ行くお金もなにもない。

どこへも行けない悲しみに耐えるばかりである。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

休日の茫洋

2014/04/30   エッセイ, ブログ

平日はシャキシャキとタイトな時間配分で活動しているのだが、休日になると途端に弛緩 ...

絵のための貸し倉庫を片付けた日

樋口と借りてた作品保管用の倉庫を片付けた。自分たちが作ったのに、すっかり忘れてた ...

我、思うところ特になし

2013/02/17   エッセイ, ブログ

ヒロシマに帰ってきて3日ほど経った。広島ではなくヒロシマと書くのはピカドンを意識 ...

実家から送られてきたもの

2009/03/07   エッセイ

“料理好き”から“料理狂い”に、そうなりつつある僕はある日、母に「使ってないフー ...

浮かび浮かばせる手

2008/01/28   エッセイ

居酒屋に一人で来た女を見た。場末な雰囲気も漂うしみったれた居酒屋で、ギャルと呼ん ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.