おお、みどり萌えるランニング

  2017/08/22

ゴールデンウィークです。9連休ではなく暦通りですが、しっかり気分は弛緩しております。

でも三十路越えて弛緩していくお腹回りの恐怖心から、いそいそとランニングに出掛ける。

いつも通り20分あまりで終わる予定だったのだが、すばらしい天気と、すばらしい緑に誘われて、もうちょっと、もうちょっとと、まるで幼児が興味の向くままにとことこと歩き迷子になってしまうように、気付けばいままで行ったこともないほど遠くまで走ってしまっていた。

やはり老けた、と思う。いや、大人になったのか、熟成しているのか、はたまた月並みな人間へと腐っていっているのかは知れないが、とにかくは、心からその日の光と陽気と緑の鮮やかさに、ほとんど感動してしまっていた。

前のぼくなら考えられない。天気なんかどうでもよかったし、緑や自然なんておもしろくもなんともなかった。

見えなかったものが、最近、どんどん見えるようになってきている、気がする。

で、一枚目の画像は、人知れず咲き誇るタンポポ。

素直に美しいなあと、柄にもないことを思い、パシャリ。

足取りは軽く、どんどん走った。途中、おそらくは近くの高校の部活動だろう集団がランニングをしていて、ぼくはそのなかでも最後尾にいた彼を、ひとり後ろからストーキングよろしく勝手にペースメーカーにしてついて走った、のが、二枚目、パシャリ。

それで、なんとなく、彼の気持ちを想像しながら走った。彼の走り方はいかにも身が入ってなくて、(なんのためにこんなことをしなければならないのか)という、若者によくある疑問が一挙手一投足に現れている、ように感じられた。

まあ、そんな疑問も青春である。大人はそんな疑問さえもうらやましく思うのである。大人になってしまったら、たいていは、そんな素敵な疑問は日々の生活その維持に押し殺されてしまうのである。

若者よ、大いに疑問を抱くがよい。

特に疑問もなく単純にお腹の弛緩と戦うぼくは、いつの間にか彼を追い越してしまっていた。

どんなことでもそうだが、単純が一番強い。

すると現れたのは、大いなる太陽神に、はたまた大地の神、たゆたう水の神に向かって礼拝をするかのような体操を繰り広げている禿頭(とくとう、であってたっけ?)の中年男性。三枚目の画像である。

妙に微笑ましくて、ニヤリ、思わず盗撮、パシャリ。

そんなこんなで、いつの間にか一時間あまりも、走ったり、また歩いたりしていた。

あたりに満ち満ちる太陽の光と、作り物のように鮮やかな緑をたたえた木々や草花。きらきらと光る水面は、ただそのようなかたちで目の前に広がっていることが、すばらしかった。

そうして、身体のどこも痛くもかゆくもなく、それらを美しいなあ良いなあと感じられることが、しみじみとありがたかった。

そんなことをある人に話すと、30歳でそんなことを思う人はいない、老人か、なんて言われた。

そうかもしれないが、しかし、ぼくには珍しく、その感覚は演出や、ぶっているのではなく、本心なのである。

歳をとるということは、決して悪くなく、むしろよい、たぶん、いやきっと。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

恐れることは何もない

2008/03/15   エッセイ

今日はポジティブとはいかなるものであるかを再認識できた日だった。すなわちネガティ ...

人生の曲がり角

俗に「お肌の曲がり角」という。思えば妙に的を射た表現で、よくよく吟味すれば生身の ...

回転の統合の倍々の甚大攻撃

2008/04/02   エッセイ

新しい、おろしたてのメガネは見え過ぎているのか視界が歪む。 ああ、なんだか、今日 ...

ぼくの植物が枯れてしまった

2009/06/12   エッセイ

最近、どうも鬱々していたせいだろう、観葉植物が僕のその負のエネルギーを敏感に感じ ...

スキップスキップらんらんらん

2012/12/14   日常

大人になってからというもの、スキップを見る機会などまずない。 酔いどれにふざけて ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.