愛おしき甥について

  2017/08/22

週末は実家に帰っていた。というか、最近は毎週帰っている。なぜなら特にすることもないからだ。いや、正直なところ単にさみしい。ついでに、もうすぐ東京に戻るので、また会うのは年に二〜三回になるだろうから親孝行を、という建前。本音はさみしい三十路独身男性の現実逃避の一環である。

それはともかく、今朝は甥が熱を出したということで、わたしの母が預かることになった。それで、甥が来ていた。

37.6度とそれほど高熱ではないようだが、やや元気のない顔をしていた。ぼくの顔を見ると、開口一番「おい」と言う。まるで単なるチンピラである。しかしそれは三歳児であるからして、まったく愛おしいというほかない。

ぼくが洗面をして出てくると、また甥は言う。「早く砂の中に行きなさい」

まったく意味不明だが、思わず吹き出してしまう。ぼくはわかったわかったと言って砂の中に、ではなくトイレへと入っていった。

それから30分後(わたしにとってトイレは小旅行である)ばかりして戻ってくると「砂の中に行ってきた?」と問う。

行ってきたよと言い、「ダンゴ虫がおったよ」と言った。すると甥は「ミミズは?」「あー、おったおった」「うんこは?」「ちょっとあった」「スイカは?」「それはなかった」「おしっこは?」「それもなかった」

どう考えてもくだらないやり取りだが、心が満たされるのを感じる。子供はほんとうにいいよなと思う。基本クソ野郎な自分ではあるが、こういう父性的な精神はかなり濃厚に持ち合わせているようだ。

母が病院に連れていくというので、ぼくよりも先に甥は家を出ることになった。

別れ際、甥は「ともくんさようなら。ひとりぼっちになってください」

子供はいいよ。まったく最高だよ。もちろん反抗期には身を切られるような思いをせねばならないのだろうが、この年頃のかわいさったら、ちょっと他のものには代えがたいものがある。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

折々の生活の空白/展示のお知らせ

2014/03/12   エッセイ, ブログ

小説を書き進めようとしているのだが、どうも頭が回らない。頭が膨張するような収縮す ...

ぼくと私の、音漏れと権利

音漏れというやつがある。「やつ」ではなく「行為」かもしれないが、意図的に音漏れさ ...

ぶってない、ひとりも悪くない

2007/12/12   エッセイ

今晩は一人で飲みに行く。 今まで店先を何度も通り過ぎ、何度も怪しいけど入ってみた ...

いっそシャットダウンさすか

2008/03/27   エッセイ

今日は父と食事、って、この「食事」って単語、なんか嫌な感じで洒落たニュアンスがあ ...

電池の絵がうまく描けない

2009/03/11   エッセイ

リアリズムとはなんだろうか。描き進めてはいるんだけどどうも“本物らしさ”が今ひと ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.