絵が褒められたときの気持ち

  2017/08/22

外は雨。昨日の夜からずっと雨。ぼくはお昼ごはんに「親子みそパスタ」を食べて一息ついているところである。親子みそパスタというのは、鶏肉とネギなどが具のみそ味のパスタに、半熟玉子をのせたもの。つまり親子みそパスタである。

さて、とりあえず広島弁はもういいや。ということで、標準語に戻らせていただきます。

画像は先週の金曜日、学校の調理理論という授業で描いた絵である。将来どういう店を作りたいか、間取りなどの図面と、店舗の概観やメニューなどのラフスケッチを描いて提出する、という、ためになるのかならないのかよくわからない授業である。

で、もちろんぼくは将来つくりたい店舗などないので、ものすごく適当に描いた。でもヒマなので、デッサンの練習でもしとくかと思って、教科書に載っていただし巻き玉子とちくわを描いてみた。するとみんなに上手いだとかさすがだとかちょっと及び腰になってしまうくらい声を大にして褒められた。そしてぼくはうれしいのかなんなのか、とにかくは赤面してはにかんでいた。

なんか、子供のときとなんにも変わらないなあ、と思った。

いつかぼくが絵を描くようになったのは、親や誰かしらが、同じように褒めてくれたからではなかったか。そうしてその気になったぼくは、ひたすらに描画を重ねただけではなかったか。

小学三年生のときの、担任の先生のことを思いだす。学年が上がって、その先生が担任になったとき、先生は言った。「がんばりノート」というものを作ります。そのノートにはなんでもいいから自分のがんばりたいことを書いてください。算数でも、漢字の書き取りでも、日記でも、なんでも自由に書いてください。そうしたら、先生がそれを見て、マルをつけます。一冊終わるごとに、ごほうびとして、賞状を渡します。

別に先生がノートを用意するわけではなく、各々が、ふつうの大学ノートを用意した。よくある、まあ30ページくらいのものである。

みんないろいろがんばっているようだったが、そのころからぼくは他人に興味がなかったので、みんなが何をしていたのかは全然覚えていない。とにかくはぼくは、ひたすらに絵を描いては提出していた。先生はとてもまめに、いま自分が大人になって考えてみれば、ちょっと頭が上がらないなあというほど丁寧に、ひとつひとつにマルをつけて、またコメントをつけてくれたりした。

それは毎回、とてもうれしいことだった。

一冊が終わると、賞状をくれた。ちょっと厚めの色のついた画用紙に、リボンかなんかがあしらってある手作りのもので、がんばりノート何冊目、よくがんばりましたと書いてあった。

それはそれは、とてもうれしいことだった。今でもだが、褒められることが、なによりも好きだったのだ。そして盲目的でもあった。

ぼくはひたすらに絵を描いた。ガンダムをはじめ、コロコロコミックにのっているマンガのキャラクターなんかを、描いて描いて描きまくった。

みんなはきっと算数や漢字の書き取りをしているのだから当たり前かもしれないが、ぼくのがんばりノートの冊数は、クラスで一番になっていた。

ぼくはとても子供らしく盲目的だった。冊数を重ねるうちにいつしか、絵を描くこと自体をがんばるのではなく、一冊を終わらせること、賞状をもらうことをこそ目指すようになっていた。

そのころのノートは今も実家に残っていて、特に盲目的だったときのぼくをきちんと見てくれている先生は、こんなコメントを残してくれている。

最近絵が雑になってきています。もう少し丁寧に書きましょう。

そして10冊目を終えたときのコメントには、こうある。

絵はもう十分にがんばったので、つぎは苦手な算数をがんばりましょう。

それでも、盲目的に絵を描き続けた。そういう性格なのだろうと思う。だいたい、周りが見えていない。人の気持ちなどおかまいなしである。

しかしそれが、そういう盲目的なある種のパワーが、もしかすると今につながっているのかもしれない。

それにしても、と思う。どんな形であれ褒められれば有頂天になりうれしかったいつかのぼくは、いまでは今日の画像のような絵をいくら褒められたところで、たいして喜べはしない。無意味だとすら思ってしまう。

なんていうか、いろいろ知ってしまったからだろう。わかってしまったからだろう。たぶん、それくらいには大人になってしまったのだろう。

すこしだけ、さびしいような気がしないでもない。けれど、これでいいのかもしれない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

フリーマーケット( アート?)

2008/10/31   エッセイ

こんな小さな荒い画像じゃ進んでんのか進んでないのかわからんだろーけど今日も5時に ...

健康診断の話(後編)

2014/07/11   エッセイ, 非日常

コックピットのようなガラス張りの別室から、女医が出てきて言う。 「その台に立って ...

土曜日の牛丼アート生活

昨日は家でひとり牛丼を撮影してました。それがこの画像。 このような画像というか行 ...

とうの昔に人間の底は見えている

2012/06/27   エッセイ, ブログ

画像は昨日の日本料理の授業、K校長……というかぼくは名前含め勝手にKKKと呼んで ...

理由はいらない

2014/11/06   エッセイ, ブログ

ドアにものがはさまる。急病人が出る。車両点検をする。踏切内に人が立ち入る。 今週 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.