わたしの血と肉と思いなさい

  2017/08/22

ひさしぶりすぎる一人飲み。 一人で三件もハシゴしてしまったぼくは、いったいどうしたいのかわからない。

ストレス!ということにしておく。

とりあえずこれは三件目のインド料理屋での、ナンと赤ワイン。

ぼくはこの組合せが相当に好きだと思う。だけど、「ナンと赤ワインが好きなんだよね」って、もしも大学生のときのぼくが聞いたとしたら、心からの軽蔑と見下しを抱いた組合せであろう。

なにがナンだよ、お洒落ぶって、ばっかじゃねえの、という。

人は変わるものである。

しかし今ではこの組合せ、すごく清潔で、神聖な気持ちになって、そしてなにより美味しくて、大好きだ。

神聖な気持ちになる、ってのは、言うまでもなくキリストになぞらえてるからである。何かの本でキリスト教でのパンとワインは日本でいうところの味噌汁とご飯だと書いてあって、そう考えるとそりゃあ血と肉だわと、至極納得したのを覚えている。

でもこれはパンではなくナンではないかと言われるかもしれないが、しかしあのころのパンはむしろこのナンに近いのである。

というのも、新訳聖書にたびたび出てくる記述に「種なしパン」というのがある。

これはイースト菌の入っていないパンのことで、つまり膨らんでいないパンのことである。

なぜ種なしパンでなければならないかと言えば、イースト菌(種)を入れると膨らむという現象が、悪魔が一人でも入り込むと周りに伝染して悪が満ち膨らむということと捉えられており、よくないことと考えられていたからである。それで種なしパンを正統な食べ物としていた。

これは、ぼくが東京に出てきて間もない頃、ひとり鬱々していた時に救いを求めて新訳聖書を読んでいて、さらには毎週日曜は教会に通うようになって、そこの牧師に「種なしパンと出てくるのですがこれはなんですか?」と聞いて得た知識である。

といっても、ぼくは、まったくキリスト教に感化されることはなかった。ただただ、もしも宗教を信じることで、信仰によって満たされ幸せになれるとしたら、そんないいことはないではないか、という現世利益MAXの不純な気持ちで通っていたのだから、無理もないのかもしれない。

でも、なんとなく、いつか何かしらの信仰を持ちたいなあと、ぼんやりと思う。

あらゆる宗教は、基本的に死への恐怖の解消から成り立っている。

天国や地獄、極楽浄土などはよく知られたところたが、アラブでは死ぬと七人の美女が迎えにくるといわれていたりする。

そんなの、ちょっと嫌なことがあったらすぐに首を吊ると思うのだが、いったいにアラブの人たちはその誘惑とどう戦っているのだろう。

ぼくならば、すでにこの世に居ない自信がありすぎるほどあるのだが、しかし、いかんせん信仰のないぼくは土に還るしかないので、いまのうちに七人の美女を探す旅に出なければならないのである。

逝ってきます。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

人が死ななかった日はない

2007/12/19   エッセイ

うーむ、昨日は部屋に迷い込んできた蜂に人差し指を刺された。2、3日前にその蜂を見 ...

平成元旦漂流記

2016/01/12   エッセイ, 日常

元旦に牛丼を食う人はそう多くない。 早朝であればなおのことである。2016年の元 ...

兄としてのわたし

2013/03/07   エッセイ, 日常

あからさまに身内話が増え、若干の羞恥心を感じる今日この頃。まあ、それはそれで人生 ...

あたらしいのは思考だけ

2012/01/13   エッセイ, 日常

狭い世界のみなさんこんにちは。以前ほぼ毎日更新していた「つまり、どこにも行きたく ...

大人になったという話

2014/06/05   エッセイ, 日常

大人になりたくないと思っていたが、いつの間にか大人になってしまった。 32歳と言 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.