横浜美術館で松井冬子展を見た。

  2017/08/22

画像は@横浜美術館でのわたし。
初めての横浜美術館。まったく出不精で、どこにも行かないんだけど、珍しく外出してみた。
で、松井冬子展「世界中の子と友達になれる」についてですが……死ぬほどよかった。
ひさしぶりにゾクゾクした。脳みその奥が熱くなる感じ。
別に宗教的な画題でもないのに、妙な崇高さが漂っていた。とても近づけないような、張り詰めた画面。下手をすれば単なるグロテスク趣味にもなりかねない内容なのだが、技術とセンスがそんな低俗な世界とは確実に一線を画していた。
崇高とかって感情は、たぶん、今までぼくは言葉の上だけのものだと思ってた。強い画面とか、緊張感のある画面とか、そういうのって、単なる言葉遊びでしかないような気がしていた。なんとなく、そういう風に表現しておけ収まりがつくだろう、というような。
だけど、こんなにはっきりと具体的に、崇高さだとか強さだとか緊張感だかを感じてしまっては、そういう表現は確かに存在するのだと思った。
ああ、いいものはいいんだなと、深く納得した。圧倒的に巣晴らしければ、余計なことをごちゃごちゃ言わなくとも、確かにそれは分かるんだと思う。
で、その後、というか本当は松井冬子展の前に見たんだけど、常設展もむちゃくちゃよかった。
なんといってもフランシス・ベーコンの作品があった。どうなってんだ、横浜美術館いい作品持ちすぎだろという感じ。どこから金もってきてんだろ。
ほかにも、そういえば初めて見るような気がするマックス・エルンストのでデカルコマニーを使った作品や、岸田劉生の初見の作品もあった。岸田劉生は相変わらず気持ち悪いほど、いや、ほどというか完全にきもち悪いねっとりとした描写だった。なんかこの人ホモなんじゃないのかなというくらい、対象を犯してしまっているかのような雰囲気があった。
とにかくは本当に行ってよかった。やっぱいいな、アートって。頭がぐらぐらしました。
ぐらぐらしたまま横浜中華街に行って、酔っ払って手相とか見てもらって、僕は結婚できすますかと聞いたら、大丈夫だけど、結婚は32歳あたりだと言われた。それを逃したら晩婚になるだろうとも。というかそもそもあなたは女性をころころ替え過ぎだから!と、占い師のおばちゃんに言われた。いや、すいませんと、そのおばちゃんと恋愛したわけでもないのに謝っておいた。だって、生まれつき結婚線が妙にたくさんあるんだもの。しょうがないじゃないか。いや、そういう問題じゃないね。ごめんなさい。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

料理レシピ:エビチリ

2012/04/10   エッセイ, 料理

エビチリのレシピと書いたが正式には「むき芝えびチリソース煮」である。中国語でいう ...

曇天の木曜日に思ふこと

2012/02/16   エッセイ, ブログ

ふ、って旧仮名遣いて書いたことに特に意味はない。今日は調理実習で、なんと和菓子を ...

吉野家でキレる人へ

先日、牛丼チェーン店の吉野家で、世界に冠たれるであろう小人、原田宗典風に言うと、 ...

原爆はいけん。戦争は絶対にしちゃいけん。

2012/09/22   エッセイ, ブログ

昨日から広島弁が頭から抜けんけえ、今日も広島弁で書くけえね。どうか堪忍してつかあ ...

眠りからの宣戦布告を受け

2012/04/20   エッセイ, ブログ

春です。どうやら、とか様子をうかがうまでもなく、春です。そしてもうすぐに5月です ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.