言わずもがな、という言語

  2017/08/22

F1000217.jpg

雷が一日中くらい鳴っていた。雨もすごかったらしいけど、僕は外に出ていないのでよく知らない。
よく知らないうちにマンホールの下、下水道で作業中だった作業員が5人ほど流され、内一人は遺体となり、残る4人は行方不明、らしい。
同じ時間が、僕と彼らに等しく流れ、僕は今こうしてのん気に携帯をパチポツ、一方彼らはあの世か、水の底か、どこか。
帰ったら熱いシャワーを浴びる予定だったかもしれない。今日は子供の誕生日だったかもしれない。彼女とデートの約束でもしていたかもしれない。朝ケンカして、帰ったら謝ろうと思っていたかもしれない。
あるいはどうしようもなく何の予定も無く、帰ったらコンビニ弁当でも食ってセンズリこいて眠るだけだったかもしれない。
どうであれ、彼らは少なくとも今日、明日、明後日くらいは、もう無意識すぎるくらい無意識に、「生きてる」と思っていたはずだと思う。
「一寸先は闇という言葉のリアリティの無さ」こそが、人生と呼ばれるものの実体なのかもしれない、なんて。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
その先を
次の記事
バラバラな声

  関連記事

むろん、どこにも行かない三連休

2012/09/18   エッセイ, ブログ

みなさま、おひさしぶりでございます。三連休はまったくブログを書かずに過ごしてしま ...

なおインパクト

2008/04/15   エッセイ

それがすべてだとしたら、なんだかちょっと悲しい気がするのだけれど、早足で街を歩け ...

大人の哀しみ

早く大人になりたいと言う若者は少なくない。 その理由は、お酒や煙草に始まり、一人 ...

絵画制作のすすめ

昨日は新宿の「たつや」というゴミみたいな、決して誇張ではなくほんとにゴミみたいな ...

曖昧な夢の中のはなし

2008/09/06   エッセイ

どこか洞窟の入り口あたりで、石の上にセメントをつけて、そこに大きな石板をはりつけ ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.