ネオテニー・ジャパンに行った

  2017/08/22

つまり、どこにも行きたくない-F1000232.jpg

樋口が大絶賛してた、ああ名前忘れちゃった、佐藤?なんとかが展示されてる展覧会、ネオテニージャパンに行ってきた。
で、樋口が天才だと言いまた度肝を抜かれたという興亡史なる作品を見た。
名前をちゃんと覚えてないって時点でバレバレかもしれないが、まあ、へぇー、という感じで特にこれといった感動もなし。
それよりもヤラレタのは鴻池朋子さんのナイファーなんちゃらという作品。
膨大な数のナイフが少女や狼にからみつきとにかくはムチャクチャやこいつ、カッコエエとしか言いようがないでホンマ! という感じだった。
と言いつつ、やっぱり僕は感動が薄い人間なのだと思う。いくら鴻池さんがよかったとはいえ、放心したり脱力したり度肝を抜かれたりというようなことはなく、ああー、いいなあこの絵、と至って冷静に気持ちを単純に言語化して感じるばかりであって、いわゆる「言葉にならない」というような状態にはまったくならなかった。
だいたい僕は言葉にできぬようなことやモノというものはまず無いと思っている。何かで読んだが怪物や妖怪に名前をがあるのは、名前をつけることで恐怖を減らすためなのだそうだ。確かに、得体の知れない存在ほど怖いものはない。ってあんま関係ないけど「言葉にならない」って言ってる時点で「言葉にならない」という言葉になってしまってるわけで、いや屁理屈とかじゃなく、たとえば「微妙」とか言いながら「微妙」という言葉で表現してしまったらそれは微妙でもなんでもなくはっきりとした「微妙」という表現になってしまうのでる。だから本質的には「絶対」も「微妙」も同じなのである。
とかいうのはまあいいんだけど、とりあえずこの展覧会は行ってよかった。
絵画なんて終わってる、という気持ちがなくもなかった最近のだらけた自分に「ああ、絵画ってまだまだ可能性あるしおもしろいわ」と思わせてくれたから。
少し、やる気になった。
でまあ展覧会はそんなこんなで、帰りには上野駅のガード下でダラダラグビグビ飲んだ。
なんだろう、おれは居酒屋から生まれたのかもしれないというほど、ああいうところは無条件にメチャクチャに楽しい。
死ぬときはあわよくば居酒屋で笑い転げながらさようならがしたい、いややっぱ自宅でまっさらなノリの効いた布団の上がいいや。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

習慣が僕らの性癖を作ったのだ

2008/02/15   エッセイ

今日はまだ一度も外に出ていない。カーテンすら開いていない。それで、光は蛍光灯と白 ...

続・売るという行為

2008/08/26   エッセイ

ついさっき、瀟洒といおうか洒脱といおうか、そのような表現をしたい婦人が絵をお買い ...

嘘まきちらし、真実履きつぶし

2008/04/05   エッセイ

まったく、同じようなことを毎日毎日考えやがって、しゃべりやがって、おまえは進歩と ...

芸術とか自分とか、どうでもいい話の断片

2014/05/01   エッセイ, 日常

今朝、電車の中で、【構図がわかれば絵画がわかる (光文社新書)布施 英利】という ...

画業と呼ばれる何か

2008/10/22   エッセイ

人の顔を描いてんだけどどうにも似ない。 何回も描いてんだけどどうにも似ない。 目 ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2024 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.