美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

金で結ばれ、情で切れ。

    2017/12/29

我々が日々しこしこと会社へ向かうのは、他でもない金のためである。

もし金がもらえないのなら、行かない。行くわけがない。

しかし、世の中には情が入らざるを得ないだろう仕事がある。たとえば看護、それに教育、あるいは住み込みの家政婦。

今でこそ日本で家政婦は一般的ではないが、かつては少なくなかった。だから近代日本文学にはよく女中が登場する。夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる女中の清(キヨ)など、その典型である。

言うまでもなく雇う側と女中とは、金銭的利害関係で結ばれている。つまり、金が払えない・もらえないならそれまでである。

だとしても、そこにはしばしば金銭を超えた、魂の交流とでも言うべきものが生ずる。先に挙げた坊ちゃんにしてもそうだが、幼年時代より住み込みで長年付き合っていれば、自然と深い人間関係が育まれるのは当然かもしれない。

ところで、シンガポールで家政婦、それも住み込みはごく一般的である。先日、クリスマスのディナーに招かれたお宅にも居た。

どこか怯えたような顔つきをしたマレー系の初老の女性で、最初にヘルパーだと紹介されると、それきり裏に引っ込んだ。

用意された料理は豪勢だった。七面鳥の丸焼きに、子牛の煮込み。そのお宅の夫婦や他の客人とともに、せわしなく食べ、ビールにワインにとグラスを重ねた。

ほどよく酔いがまわってきたころ、庭先にしつらえられた洒落たテーブルに移った。ケーキを食べて、お茶を飲んで、ブランデーなんかも垂らした。我々はよくしゃべり、よく笑った。

ふと、その手入れが行き届いた庭の端の暗がりで、ヘルパーがバケツの水を流しているのが見えた。それは誰だかの詩で、女が放尿する音を「しゃぼりしゃぼり」と表現した、あのえも言われぬ寂しさを想起させた。

散会が近づいたころ、家の主人がヘルパーを呼んだ。携帯を渡して、写真を撮らせた。我々はみな笑って写真に収まった。私の携帯でも撮ってほしいと頼む者があって、もう4、5回ばかり写真を撮った。それでも我々は、やはりみな笑って写真に収まった。しかし、ついにヘルパーがそこに加わることはなかった。

私は、はからずも憐れんだ。今日はクリスマス。なんだか、ひどい仲間はずれみたいだと思った。彼女は住み込みで働いている。毎日顔を合わせている。家族みたいなものではないか。

もちろん、彼女は金によってそこにいる。あくまでも「スタッフ」であって「客」ではない。それは正しい。間違ってはいない。全然、間違ってはいない。だけど。

だけど、今日はクリスマス。とにもかくにも、みな愛し合いなさいと言った人の生まれた日。何より彼らは熱心なカトリックで、まあ、それとこれとは別なのかもしれないけれど。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

死ぬまでは終わらない

2012/11/28   エッセイ, ブログ

昨日の西洋料理の調理実習の画像。試験課題のオムレツ他と、画像にはないがアップルパ ...

ハングリー精神の敵

2008/09/11   エッセイ

あー眼球が痛い。 パソコンをやりすぎると確かに体の頭のどこかしらが擦り切れている ...

兄としてのわたし

2013/03/07   エッセイ, ブログ

あからさまに身内話が増え、若干の羞恥心を感じる今日この頃。まあ、それはそれで人生 ...

嘘まきちらし、真実履きつぶし

2008/04/05   エッセイ

まったく、同じようなことを毎日毎日考えやがって、しゃべりやがって、おまえは進歩と ...

心は自己の外

2007/11/22   エッセイ

起きてみると天気がよくて、布団を干そうと敷き布団を抱えあげる。 するとその布団の ...