美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

月並みな私は、ときどき死んでしまいたい。

 

寝つきはいい、とても。眠れなくてまいったことは、数えるほどしかない。

それでもたまに、眠れない。そんな時は決まって、なにやってんだろうな、おれ、と思う。

べつになにかこれといって問題があるわけでもない。

だいたいうまくいっている。悪くない。順風満帆といってもいい。

だけど、これでいいのだろうか、自分、と考える。

恵まれてるとも思うし、楽しくやれてるとも思うし、いったいが何が不満なのか、とも思う。

そうしていろいろ思っていると、さまざま考えていると、こう、胸の奥の底がツーっと抜けていくような感じがあって、ああもう、死にたいなあ、という気持ちになる。

昨日の夜はそんな感じ。で、朝が来る。どうにも起きたくなくて、だけど、結局は起きてしまう月並みな私が悲しい。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

  関連記事

母なるものへ

べつに頼んで産んでもらったわけじゃなし、感謝する必要なんてないと思うわけ。あ、母 ...

なにもかも思案の外

2007/12/25   エッセイ

あー そうだ、おれブログ書いてんだと思い出した今。 今日は銀行も郵便局もひどい混 ...

きな粉ムースを作った

2012/02/26   エッセイ, 料理

くつくってみたけど画像はない。画像は学校の廊下の様子。ぼくは毎日こんなところで過 ...

みんなが働くわけ

いろいろあって職場が変わった。 まあ、私の人生はだいたいいつもいろいろある。とは ...

覆水盆に〜で諦められるのか

2008/01/10   エッセイ

寝てしまった。昨夜はすっかり怠惰の虫に蝕まれてガーガー床で寝てしまってた。起きた ...