美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

月並みな私は、ときどき死んでしまいたい。

 

寝つきはいい、とても。眠れなくてまいったことは、数えるほどしかない。

それでもたまに、眠れない。そんな時は決まって、なにやってんだろうな、おれ、と思う。

べつになにかこれといって問題があるわけでもない。

だいたいうまくいっている。悪くない。順風満帆といってもいい。

だけど、これでいいのだろうか、自分、と考える。

恵まれてるとも思うし、楽しくやれてるとも思うし、いったいが何が不満なのか、とも思う。

そうしていろいろ思っていると、さまざま考えていると、こう、胸の奥の底がツーっと抜けていくような感じがあって、ああもう、死にたいなあ、という気持ちになる。

昨日の夜はそんな感じ。で、朝が来る。どうにも起きたくなくて、だけど、結局は起きてしまう月並みな私が悲しい。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

  関連記事

若さは苛立ちに似ている

2007/11/09   エッセイ

主張の場に街角を選んだ初めの人間はたぶん恥ずかしかったはずだ、なんて思う。 まあ ...

願いは叶い忘れてしまう

2008/07/15   エッセイ

なんてマセたクソガキだろう、と思って撮った、アット米子空港。 頭がぼうっとしてる ...

テポドンが飛んだ

2009/04/04   エッセイ

緊張感のないBGMのあと流れてきたテポドン発射のニュース。フロム、ラジオ。 つい ...

当たり前の話

当たり前だと思っていたことが当たり前ではないことを知ったとき、人は少なからずショ ...

告知:「くたばれ東京藝大」展

2008/03/10   エッセイ

次期個展詳細が決定しました。詳細は下記URL、新宅or樋口のホームページのお知ら ...