美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

誰か、自己責任で生まれてきた人はいませんか

 

先日、シリアでイスラム武装組織に3年以上拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが解放された。

喜ぶ声は少ない。自己責任論による批判ばかりが聞こえてくる。

彼らの意見を要約すれば、「おまえが勝手にやったことで、どうなろうが知るか」ということである。次いで、解放にかかった金は一生かけてきっちり払えという、ヤクザまがいの物言いである。

ここでは、ジャーナリストの意義や、安田さんの行為の是非や真偽は問わない。

ただ、私は言いたい。仮に安田さんがどんな役立たずのろくでなしだとしても、別にいいではないか。そういう人間も抱え込んで回っているのがこの世の中なのだ。

あらゆる種類の人々をどれだけ寛容に抱え込めるか、その懐の深さが、社会の成熟度というものではないか。

そこで日本はあまりにも幼稚だと思う。先の自己責任論は、極論すればバカは死ねということであろう。

しかし、そのバカにあなたがならない保証はない。安田さんは、私であり、あなたでもあるのだ。

日本国民としての義憤に見せかけて、安い鬱憤晴らしでもするように批判を重ねるこの風潮は、昨今言われる生きにくさと必ず通底する。

ほんのわずか、道をそれれば袋叩きに合うような世界が生きやすいわけがないだろう。

批判するということは、批判されるということでもある。この当然に過ぎる理を、いま一度考えた方がいい。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

エロい有名人の死

2015/09/25   コラム, 時事問題

川島なお美が死んだ。 起きがけの、寝ぼけまなこで、トイレで携帯をいじっていて知っ ...

感受性という器官(若さと老いについて)

2016/04/08   エッセイ, コラム, 書評系

サマセット・モームの【読書案内―世界文学 (岩波文庫)】を読み返していると、何の ...

子を授かろう(子どもは作るものではなく授かるもの)

かつて、子は〈作るもの〉ではなく〈授かりもの〉であった。受胎は人知の及ばぬことで ...

そのヒゲ、合法だけど減点(ヒゲは権利だと裁判に訴えたニュースに接して)

2016/03/10   コラム, 時事問題, 社会系

今朝、ひげをたくわえることを希望する者の一人として、看過できないニュースがあった ...

この国で子供はペット

2018/02/02   エッセイ, コラム, 社会系

ある芸人の娘が大麻で捕まったらしい。それで父である彼が謝罪会見を開いたという。 ...