美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

誰か、自己責任で生まれてきた人はいませんか

 

先日、シリアでイスラム武装組織に3年以上拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが解放された。

喜ぶ声は少ない。自己責任論による批判ばかりが聞こえてくる。

彼らの意見を要約すれば、「おまえが勝手にやったことで、どうなろうが知るか」ということである。次いで、解放にかかった金は一生かけてきっちり払えという、ヤクザまがいの物言いである。

ここでは、ジャーナリストの意義や、安田さんの行為の是非や真偽は問わない。

ただ、私は言いたい。仮に安田さんがどんな役立たずのろくでなしだとしても、別にいいではないか。そういう人間も抱え込んで回っているのがこの世の中なのだ。

あらゆる種類の人々をどれだけ寛容に抱え込めるか、その懐の深さが、社会の成熟度というものではないか。

そこで日本はあまりにも幼稚だと思う。先の自己責任論は、極論すればバカは死ねということであろう。

しかし、そのバカにあなたがならない保証はない。安田さんは、私であり、あなたでもあるのだ。

日本国民としての義憤に見せかけて、安い鬱憤晴らしでもするように批判を重ねるこの風潮は、昨今言われる生きにくさと必ず通底する。

ほんのわずか、道をそれれば袋叩きに合うような世界が生きやすいわけがないだろう。

批判するということは、批判されるということでもある。この当然に過ぎる理を、いま一度考えた方がいい。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

  関連記事

折にふれて思い出すのは加藤茶のこと

まじめな話である。時どきふっと思い出すのだ。45歳も歳の差のある女性と再婚した加 ...

機械の進化と人間のあしぶみ(テレビゲームの進化とプレイする人間の停滞)

2016/03/22   エッセイ, コラム, 社会系

時代がめくるめく変わろうとも、人間の頭の方はそう簡単に変わるものではない。 たと ...

悪のお手本(仮面ライダーに見る悪と正義)

2016/04/05   エッセイ, コラム, 社会系

“人間の悲鳴はいつ聞いても気持ちがいいなあ” 先日公開された、「仮面ライダー1号 ...

みんな産まれりゃ好き勝手

2018/07/12   コラム, 時事問題, 社会系

「この頃、子供を産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」 201 ...

言葉のすき間と画のすき間(小池真理子『無伴奏』の映画を見て、小説を読んでの感想)

先日、小池真理子原作の『無伴奏』が映画化された。と言っても、原作の小説は読んだこ ...