美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

失うものがある

 

今年に入り、立て続けにチャンスがあり、もれなく大きな成果を出せている。

細かくは、人の幸福に関心のある変わり者はないだろうから説明しない。とにかくは、今まで夢見ていたようなことが毎日のように起こっている感じである。

それは、私にとって確かに幸せなことだ。日々のテンションのゼロ地点が、常に高くある。

その一方で、なんとはないさみしさ、はかなさを覚える。たとえば、私から離れていく人がいる。むろん、寄ってくる人もいる。言うなれば、私の周囲にいる人々が総取っ替えされるような気がしている。

それはまだ傍目には予感の域を出ないが、私にはきっと確実だと思える。

何につけてもやたらと憂いたがるのが私の性格ではある。とはいえ、本質的に人生なんてむなしいものなのだから、憂えないほうがどうかしている。

思う。有名になることはできるが、無名になることはできない。取らぬ狸の皮算用だと笑うだろうが、しかし、実際そうだろう。

何かを得ることは何かを失うことだとは言い古された言葉だが、それはもう、まったく、本当、その通り。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

  関連記事

批判の矛先(知的障害と音漏れ)

2016/03/08   エッセイ, コラム, 社会系

電車内での迷惑行為ランキングの常連と言えば〈音漏れ〉である。 音漏れの何がどう不 ...

頭はもう、先に行ってしまった

2012/11/21   エッセイ, ブログ

今朝は六時に家を出た。さっさと仕事をして早いところ新幹線に乗るためである。 おな ...

子供と若者と中年の境界線をまたいで

2012/03/23   エッセイ, ブログ

もはや普通の若者になってしまった。毎日イヤホンをつけてしまっている自分。歩く時も ...

肩肘張って笑う癖

2008/01/16   エッセイ

昨日からなぜだか昔のことが書きたい気分。と、それよりなにより今日は1日眠くて仕方 ...

松永真のデザイン精神

2009/02/10   エッセイ

ひき続きフォントやロゴについていろいろ書いてある文字大全という本を読んでんだけど ...