美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

失うものがある

 

今年に入り、立て続けにチャンスがあり、もれなく大きな成果を出せている。

細かくは、人の幸福に関心のある変わり者はないだろうから説明しない。とにかくは、今まで夢見ていたようなことが毎日のように起こっている感じである。

それは、私にとって確かに幸せなことだ。日々のテンションのゼロ地点が、常に高くある。

その一方で、なんとはないさみしさ、はかなさを覚える。たとえば、私から離れていく人がいる。むろん、寄ってくる人もいる。言うなれば、私の周囲にいる人々が総取っ替えされるような気がしている。

それはまだ傍目には予感の域を出ないが、私にはきっと確実だと思える。

何につけてもやたらと憂いたがるのが私の性格ではある。とはいえ、本質的に人生なんてむなしいものなのだから、憂えないほうがどうかしている。

思う。有名になることはできるが、無名になることはできない。取らぬ狸の皮算用だと笑うだろうが、しかし、実際そうだろう。

何かを得ることは何かを失うことだとは言い古された言葉だが、それはもう、まったく、本当、その通り。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

適当な画像でお茶を濁して

2009/06/09   エッセイ

前に載せたような気がしなくもないけど広島のアルパークという複合商業施設で撮った画 ...

ブログが書けませんでした

2009/04/13   エッセイ

3日も休んでしまった、ブログ。 ピアノは1日休むと取り戻すのに一週間かかると言わ ...

あーあ、うーう、えーえ

2008/06/28   エッセイ

もう並ぶの飽きたー ナメクジ見つけたー 疲れたー About Latest Po ...

歯痛悶絶日記(2)〜切った張ったの歯医者さん

歯痛が収まる気配は微塵もなかった。 決して大げさではなくわらにもすがる思いで駆け ...

舌鮃のムニエルとポタージュスープ

2012/05/31   エッセイ, ブログ

これは昨日ではなく一昨日の調理実習での画像。なのですが、いつもと画像サイズが違う ...