美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

失うものがある

 

今年に入り、立て続けにチャンスがあり、もれなく大きな成果を出せている。

細かくは、人の幸福に関心のある変わり者はないだろうから説明しない。とにかくは、今まで夢見ていたようなことが毎日のように起こっている感じである。

それは、私にとって確かに幸せなことだ。日々のテンションのゼロ地点が、常に高くある。

その一方で、なんとはないさみしさ、はかなさを覚える。たとえば、私から離れていく人がいる。むろん、寄ってくる人もいる。言うなれば、私の周囲にいる人々が総取っ替えされるような気がしている。

それはまだ傍目には予感の域を出ないが、私にはきっと確実だと思える。

何につけてもやたらと憂いたがるのが私の性格ではある。とはいえ、本質的に人生なんてむなしいものなのだから、憂えないほうがどうかしている。

思う。有名になることはできるが、無名になることはできない。取らぬ狸の皮算用だと笑うだろうが、しかし、実際そうだろう。

何かを得ることは何かを失うことだとは言い古された言葉だが、それはもう、まったく、本当、その通り。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

  関連記事

独活はうど、独居はさみしいとお読み

2012/05/16   エッセイ, ブログ

今日は天気がよい。 天気の話題から入るとき、この世間様ではたいていつまらない話が ...

ハムとスパムと肉

2008/08/08   エッセイ

戦争が始まった、らしい。 ロシアで、何がどうなってそうなったのかはいまいちよくわ ...

とても金曜日らしい夜の空気

2009/05/15   エッセイ

最近そんなに感じなくなってたけど今日は妙に「あー金曜日だなあ」という感じがする。 ...

生きる、すなわち身の振り方

2012/04/24   エッセイ, ブログ

完全にレシピとご無沙汰の最近。最悪の言い訳、時間がない、ということを言ってしまい ...

あわよくばバッシング

2008/06/04   エッセイ

人にはばかにされていろ、という、これまたワラワラのトイレに書かれているこの言葉を ...