ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

アーティストフェア「SINGAPORE INTERNATIONAL ARTIST FAIR 2018」 (シンガポール) 5/10〜5/13

    2018/07/25

シンガポールインターナショナルアートフェア2018

シンガポールにて、表題の展示に参加します。会期は2018年5月10日(木)〜5月13日(日)まで。詳細は以下公式ウェブサイト(英語版のみ)にてご確認ください。

▼SIAF2018公式サイト
http://siaf-asia.com

ちなみに、この展示への参加の権利は、金銭を払って云々ではないことだけは付記しておきたい。金を払えば、銀座界隈の貸し画廊よろしく、味噌でも糞でも展示ができる。それは海外でも同じだ。日本に比べればほとんど皆無とはいえ、金を積んででも海外の展示を望むアーティストを取り込もうとするギャラリーは存在する。

金を払うのはなにより簡単だ。だからこそ、それを容認してしまえば何でもありになってしまう。曲がりなりにもプロフェッショナルとしてやっていこうとするならば、展示の企画者とともにリスクを負い、共犯関係になるべきだ。

つまり、企画者にも本気になってもらうということである。貸し画廊のオーナーが、概して眠そうな顔をしているのは、彼らの利益はすでに確保されており、展示の内容が良かろうが悪かろうが、売れようが売れまいがどうでもいいからであろう。

今回、私がディレクターと交わした契約書の条件のひとつに、全日会場に立って作品の説明及びセールスに努めることとある。金銭授受による参加との違いは、そのあたりだと思う。

と、結局なんだかんだ誇るような物言いになってしまったことをお許しいただきたい。曲がりなりにも私にとってこの展示は、夢見る成功への階段の――いったい何段あるか知らないが――かけがえのない一段には違いないのだろうとは思うから。

▼SIAF2018チケット購入はこちら
https://www.sistic.com.sg/events/cartist0518

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

Chim↑Pom(チンポム)の行為について

幸か不幸か広島出身なので、今月21日にあったというchim↑pom(チンポム)と ...

笹山直規という作家

先日大阪に行った目的は、笹山直規その人の個展を見るため、という名目であった。 彼 ...

岡本太郎現代芸術賞落選者の遠吠え

先日、第23回岡本太郎現代芸術賞に落選した。 私はこの賞に十年以上毎年応募し続け ...

第23回岡本太郎現代芸術賞の審査結果に対する意見書

先日公開した記事「岡本太郎現代芸術賞落選者の遠吠え」にて、落選した作品プランとそ ...

現代美術という狂宴

昨日は谷中のHAGISOに『益永梢子 個展「Abstract Butter at ...