ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

その人、父になる。

彼に子供が生まれたということを知ったのは、飲み会という名の合コンに行った帰り道であった。

Facebookという公の場で、彼はその腕に真新しい子を抱いて、笑っていた。もちろん、そんな画像は珍しくもなんともない。しかし、彼は私がこの世で唯一「親友」と呼べる存在であるために、それは私の目に非常な感慨をもって映った。

生まれたのは男の子だとあり、すでに何十件ものコメントが連なっていた。遅ればせながら私も二言、三言つけ加えたが、一時間もしないうちに熱っぽい祝いの言葉の波間に消えた。

昔から私は、人を祝福するというのが得意でない。というか、それはいったいどういうことなのか、いまだによくわからない。たとえば誕生日、たとえば結婚式。それが親兄弟でも、どこまでも他人事で、埋めがたい距離感がつきまとう。

今回も例外ではない。特に、うれしくない。めでたくもない。それでも、おめでとうとは言う。このおめでとうという白々しさを、私はいつも持てあます。

おめでとう。べつに、そんなこと、これっぽっちも思ってはいないのだけれど、おめでとう。

ただ、おまえが父になったのだという事実が、いまの私を明らかにするということには、いくらか感謝すべきかもしれない。

人はよくも悪くも自分を映し出す鏡だ。人との距離を測ることによって己を知る。それで、私は知った。

かつて私たちは同じ夢を追い、あまりにも近かっただけに、いま改めて測るその距離はほとんど天文学的で、めまいがするほどだ。かたや所帯持ちの父となり、かたや性懲りもなく女の尻を追いかけているような身の上。

むろん、どちらがどうという問題ではない。ただ、そのような現在を、私たちの来し方行く末を、しみじみと辿り、巡るだけだ。

それでまあ、ひとつ思う。おまえは私と違ってよくできた男だから、よい父親になるだろう。そしてよい家庭が築けるだろう。だけど、そうなるようにとかは、願ってもないし、祈ってもない。放っておいてもそうなる。人生って、そういうものだろう?

遠からず私たちの距離はいよいよ広がって、いずれ別次元にも及ぶことはわかっている。正直、それは寂しくもあり、悲しくもある。でも、おめでとう。こういう時におめでとうと言ってこそ、親友なのだろう。だから今は、おめでとう。

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

頭を挟みたい空間

2008/09/04   エッセイ

今朝も早起きで絵を描く。なんかペースが落ちてるような気がする、けど問題なく期限に ...

料理は見た目が7割

2012/08/12   エッセイ, ブログ

健全すぎる日曜日。八時に起床しランニング。汗だらだらのその足でスーパーに行き、そ ...

自由な国の不自由な芸術/不自由な国の自由な芸術

先日、ロサンゼルス近郊のとある学校で、このような絵を見た。 聞けばアメリカの1s ...

他人の眼と脳の先のわたし

2014/01/30   エッセイ, ブログ

一昨日のブログで書いたコイデさんが、ぼくについての徒然をfacebookに書いて ...

人はある日にわかに歳をとる

人間はひとつずつ歳をとらない。ある日にわかに歳をとる。毎年決まって誕生日が巡って ...