映画「カンヌ SHORT5」を見た

  2017/08/22

今日は4時起き。で、絵の制作1ゲーム。で、夜は学校で入学を検討している人向けの説明会のお手伝いへ行く、予定。なにやら仕事と学校をどのように両立しているかを話してほしいのだそうで、まあ両立はしておりますが、どもらず赤面もせずに話せる自信はない。

画像は昨日またしても作ったポークビーンズ。前よりも人参を丁寧に形を揃えてサイコロ型にして、コーンも加えてみた、ら、うまい。素直にうまい。というか、なんでぼくはこのポークビーンズがこんなに好きなのだろうかと思う。別に思い出があるわけでもなんでもないのだが、ああもうただひたすらに旨い。

で、ポークビーンズとワインで夕食を取りながら、「カンヌ SHORT5」という映画を見た。5〜20分程度のショートムービーが5本入っている映画である。現在3本DVDをレンタルしているのだが、早く寝たかったのでこれにしておいた、というわけ。

ちなみにカンヌ SHORT5」配給元のサイトでの詳細はこちら

http://www.uplink.co.jp/cannes_short5/

内容についてであるが、素直によかった。ショートムービーなんて本気で見るもんじゃないとちょっとバカにしてたとこがあったんだけど、これでぼくの意識は覆ってしまった。

全体的にセリフがほとんどないので、アートの中のひとつのジャンルとしての映像、という感じもするが、しかし、たいへんによくできている。

中でも最初の「FAST FILM」という映画がずば抜けていた。

これは往年の映画の名作からサンプリングした場面を細切れにして、アニメーションで動く紙片をスクリーンとして投影することによって再構築した、というような映画である。言葉で説明しにくいのだが、オードリーヘップバーンやフランケンシュタイン、ゴジラなどが畳みかけるように登場しては消えてゆく。

ゲームでいうところのキングオブファイターズみたいな感じ。セリフはなく効果音のみで実験映画っぽいのだが、ビジュアルに見るべきものがある。上目線だが、かなりセンスがある。何かのヒントになるような気もするので、これはぜひ樋口先生にも見ていただきたい。

この映画を見ていると、ビデオ・アーティストのピピロッティ・リストのことを、「Ever is Over All」(1997年)という作品のことを思い出した。

高校三年生のときだったか、父の東京出張について行き、東京都現代美術館で見たのである。そのころのぼくは美術部に入り画塾に通い始めた初期であったため不自然にアートに目覚めていたのだった。それで、どこに行きたいかという父に、とにかくいろんな美術館へ行きたいのだと言って、さんざん巡らせたのであった。ちなみにそう言ったぼくに父は「ほうか、変わっとるのう。まあええけどもよ」と言っていた。たぶん。

で、その作品は、若い女性が花の形をしたでっかいハンマーで、路上に駐車中の車の窓を笑いながら叩き割ってゆく、それがスローモーションで延々と続く、という内容である。

GLAYや黒夢、SOPHIAに熱狂する程度の貧弱な感性を研ぎ澄ませて、暗がりの中で繰り返し上映される巨大な奇行を、ひとりじっと(ははあ、なるほど……)なんて思いながら眺めていたのをよく覚えている。

しかし断言してもいいが、このときのぼくがピピロッティ・リストの作品などに感銘を受けているわけがないのである。

というのも、美術館めぐりの果てに買った唯一のお土産は、独立展だったか団体系の展覧会の一作家の、その当時でもきっと古臭いだろうシュルレアリスム風の作品の絵ハガキ一枚であったのだから。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→現在ロサンゼルス在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約80円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業www.shintaku.coにてご確認ください。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

絵を描くルーチンワーク

2009/06/08   エッセイ

まあ、土日は絵を描いて過ごす、過ごした。画像はその絵の一部分。全体はまだ見せられ ...

かたい頭に影響力

2008/06/10   エッセイ

またしても世界堂に行く。初めてスーパーフライの真似をしてる女を見た。頭をヒモでし ...

楽しいあとはいつも悲しい

2012/11/12   エッセイ, ブログ

旅行に行ってきた。とにかくは無事故でけがもなくなによりであった。 ちなみに行先は ...

アメリカの動物

2019/08/09   アメリカ, エッセイ

アメリカ人は動物が大好きだ。たとえば30代のアメリカ人の75%が犬を飼い、51% ...

アートは誰のお金でやればいいのか

天皇の写真を燃やすなど、スキャンダラスな展示への抗議から騒動続きとなった「あいち ...

【重要なお知らせ】 現在、国内外のIT企業で実務経験10年以上のれっきとしたプロの職業WEBデザイナーでもある新宅の作品制作の一環で、WEBデザイン関連業務全般を、1時間あたり米一合(約80円)の現物で請け負っております。詳細はWEBデザインを主業務とする個人事業 www.shintaku.co にてご確認ください。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2020 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.