美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

人望のないあなたへ

 

私には人望がない。とまれ、まずは人望とはなんであるかを明らかにしておきたい。

人望
1. 信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。(goo辞書)
2. 他人から寄せられる信頼・崇拝・期待の念。(Weblio辞書)

そう、それが私にはない。あったのがなくなったのではない。もともとない。言うなら、お袋の腹にでも忘れてきたのだと思う。ちなみに母は人望がある。だから、人望は遺伝しないと言わなければならない。

では、人望は努力によるのだろうか? 筋肉のように鍛え上げられるものだろうか?

たとえば、友人のH氏には人望がある。どう人望があるのかを言葉で表すのは容易ではないが、「そこには一軒、家が建っている」、というような動かしがたい事実として人望がある。

一方の私は、「そこはずっと、空き地です」というような冷たい現実として、人望がない。

そんな彼を、うらやましいと思ったことがないと言ったら嘘になる。しかし、人望とはいっそ持って生まれた目鼻のようなものであって、いまさらどうしたって変えようのないものなのだ。

そのことは、うすうすわかってはいた。だけど、もしかしたらある日、ふっと、いわゆるモテ期のように降ってわいてくるのかもしれない。そんな淡い期待があった。

なんであいつは、ちょっと残業しただけでコメントが10も20もつくのだろうか。どうしてあんちくしょうは、だらりビールを飲んでいるだけでいいねが100も200もつくのだろうか。

いさぎよく認めなければならない。人望とはそういうものなのだ。だってそうだろう。あの人がいくらぱっちり二重でも、あなたが一重であることとはなにも関係がない。

共通点と言えば、どちらも人間であるというくらいのものであって、他はもう、全然違う別ものなのだ。

だから、悲しむ必要はない。むろん、親のせいでもない。だってそれは遺伝しない。しいて言うなら、それは個性。あなたはとっても個性的で、そして驚くほど人望がない。だから、泣いてもいいけど悲しむ必要はない。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

  関連記事

脳みそとこころと確率の話

2014/04/23   エッセイ, ブログ

古代人は、心は胸にあると考えた。すなわち心臓である。しかし現代では、それは脳にあ ...

いやな奴を退けよ

この世にはいやな奴というのがいる。いいや、ぼくは、わたしは、そんな人ぜんぜんいま ...

続・さよならぼくの一部(後編)

2013/03/18   エッセイ, ブログ

正直、このネタに感情移入できなくなっている自分が居りますが、というか飽きているの ...

再・東京生活

2013/11/07   エッセイ, ブログ

東京は雨である(今は上がっている)。 再上京して七日目。体調良好、精神状態も良好 ...

フリーター、野宿者、そして衰退する日本(2)

その2.「国家にとって野宿者(ホームレス)とはなにか」 国家にとってホームレスは ...