美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

人望のないあなたへ

 

私には人望がない。とまれ、まずは人望とはなんであるかを明らかにしておきたい。

人望
1. 信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。(goo辞書)
2. 他人から寄せられる信頼・崇拝・期待の念。(Weblio辞書)

そう、それが私にはない。あったのがなくなったのではない。もともとない。言うなら、お袋の腹にでも忘れてきたのだと思う。ちなみに母は人望がある。だから、人望は遺伝しないと言わなければならない。

では、人望は努力によるのだろうか? 筋肉のように鍛え上げられるものだろうか?

たとえば、友人のH氏には人望がある。どう人望があるのかを言葉で表すのは容易ではないが、「そこには一軒、家が建っている」、というような動かしがたい事実として人望がある。

一方の私は、「そこはずっと、空き地です」というような冷たい現実として、人望がない。

そんな彼を、うらやましいと思ったことがないと言ったら嘘になる。しかし、人望とはいっそ持って生まれた目鼻のようなものであって、いまさらどうしたって変えようのないものなのだ。

そのことは、うすうすわかってはいた。だけど、もしかしたらある日、ふっと、いわゆるモテ期のように降ってわいてくるのかもしれない。そんな淡い期待があった。

なんであいつは、ちょっと残業しただけでコメントが10も20もつくのだろうか。どうしてあんちくしょうは、だらりビールを飲んでいるだけでいいねが100も200もつくのだろうか。

いさぎよく認めなければならない。人望とはそういうものなのだ。だってそうだろう。あの人がいくらぱっちり二重でも、あなたが一重であることとはなにも関係がない。

共通点と言えば、どちらも人間であるというくらいのものであって、他はもう、全然違う別ものなのだ。

だから、悲しむ必要はない。むろん、親のせいでもない。だってそれは遺伝しない。しいて言うなら、それは個性。あなたはとっても個性的で、そして驚くほど人望がない。だから、泣いてもいいけど悲しむ必要はない。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/シンガポール在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。★最近の読書メモ

Latest posts by 新宅 睦仁 (see all)

  関連記事

疲労の色の、いろいろ

疲労の色が見えるとか、濃いとか、隠せないとか、言う。 今日、「お疲れなんじゃない ...

親愛と暴力

2014/01/28   エッセイ, ブログ

昨夜は、メガネを取りに行った。 先年の末に、小出さんという方のお宅で飲み会をした ...

魚拓とる気持ち

2008/09/16   エッセイ

太田農水相だったっけ? とにかくはそんな名前のやつが事故米に関して痛い失言をやら ...

ひさしぶりすぎて

2010/11/04   エッセイ

なんかごめん。 誰にってわけでもないけれど。 二日連続で、お風呂場でおぼれかけて ...

雨と祭りと通行止め

2008/08/24   エッセイ

今日は雨にもかかわらずたくさんのご来場ありがとうございました。 人がたくさんでギ ...