師匠は走らない

年末だの師走だのと騒がれはじめて一月あまり。

明日からはまた、新年だなんだと再び空騒ぐことになる。

この時期になると、みな憑かれたように一年を振り返りまくり、また死に急ぐように一年の抱負を述べまくる。

毎年のことではあるが、変だと思う。少なくとも私には違和感がある。

特におかしいのは初詣である。ふだん、北枕も気にしないようなのが、なぜか初詣には勇み足で、鈴を鳴らしまくり、願をかけまくる。

神様の世界にも、繁忙期と閑散期くらいあろう。暇な時ならいざ知らず、明らかに忙殺されている頃合い目がけて大挙されても困るのだ。

なじみの焼き鳥屋の大将が言っていた。うちはテレビとかの取材は断ってるんですよ。いやね、前に一度受けたら、その日からさばき切れないくらいの行列ができちゃって。逆に前からひいきにしてくれてる常連さんが入れなくなって本末転倒もいいとこ。もうこりごりだよ、と。

きっと神様は正月が嫌いだ。人間、もともと馬鹿なのがよけい馬鹿に見えるから。振り返るなら日々謙虚に振り返れ。そして願いがあるなら日々しっかり願っとけ。

全国津々浦々の神社は、いっそ一見さんお断りにしたらいい。そして締め出された参拝客は、自宅に神棚でも作って日夜柏手を打つ。

年に一度のにわかより、伊勢神宮に勝るとも劣らない霊験があろう。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

  関連記事

下北沢駅ホームから見えるAKIRA

2008/11/21   エッセイ

っぽい造形のパイプというかホースというかコード。真っ黒で、やたらと存在感があって ...

激しくぶれて倒れ込み

2008/03/22   エッセイ

歩きながら携帯をいじるのは危険だ。特に老人には。なんたって注意が散漫になる。ぼく ...

能動的休息感

2015/10/13   エッセイ, ブログ

道の真ん中に突っ立っている。 ゆっくりとあちらを見て、こちらを見る。 あるいはパ ...

遠く近くそして音も感触もなく過ぎ去ってゆく

2013/02/06   エッセイ, ブログ

昨日で学校の実習がすべて終了した。最後の最後で天ぷら、刺身、な、定食。 もう、よ ...

見分相応という名の偏見

2008/12/04   エッセイ

朝、肩にギターをかついで颯爽と自転車で走り抜ける青年、しかし容貌はさえず、ぼくは ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.