あけましておめでとうが言えなくて

「あけましておめでとう」と言うのが嫌いだ。

ついでに言えば「よいお年を」というのも辛い。

なぜ皆、ああも気安く臆面もなく言い合えるのかわからない。

あれには鳥肌立つような気恥ずかしさがある。まもなく四十路になるおっさんが言うようなことではないが、ちょうど日本人にとっての「愛してる」にも等しい違和感がある。

一度でも真剣に「愛してる」と言ったことがある人ならわかるはずだ。発した後に、ながく尾を引くものがあることを。

愛してる――しかし、それは本当か。そもそも愛とは何か。自分に人を愛することなどできるのだろうか。愛とは無償ではないか。あるいは彼や彼女が四肢をもがれたような状態になったとして、私の愛は責任を持って途切れず続くものだろうか。終わるとすれば、それは実に有償の愛でしかないのではないか。云々。

つまり、重いのである。軽くないのである。にも関わらず、皆それを軽薄に振り回してとめどない。

あけましておめでとう――いや、それは本当か。いったい何がめでたいのだろうか。おめでとうとは、つまり祝福であって、キリスト教で言えば家督を譲るほどの重みがあるものではなかったか。それが何だ、あけおめだなんだと、わけのわからない言葉が市民権を得るまでになって、しかし本来、おめでとうとはもっと重みのある尊いものであって、たとえば我が子が生まれた時に嘆息するように発せられるような、とにかくは誰もかれもにくれてやれるような代物では決してないはずだ。云々。

心にもなく「愛してる」と言ったことがある人ならわかるはずだ。そのあと胸中にうずまく後ろめたさに。

むろん、嘘をつくのは簡単だ。嘘も方便という。しかし私には、どうしても「あけましておめでとう」なんて言えない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在広島在住の現代美術家/WEBデザイナー(WEBデザイン個人事業: SHINTAKU。) 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

前の記事
師匠は走らない

  関連記事

再・東京生活

2013/11/07   エッセイ, ブログ

東京は雨である(今は上がっている)。 再上京して七日目。体調良好、精神状態も良好 ...

桜餅の料理レシピ

2012/02/27   エッセイ, 料理

またしても土日が瞬く間に過ぎ去った。月曜の虚無感と疲労感、これが都市生活者の宿命 ...

人間の検査

全員が同じ服を着ている。 安っぽい薄紫色のジャージ。若いのも老いたのも、女も男も ...

いっそシャットダウンさすか

2008/03/27   エッセイ

今日は父と食事、って、この「食事」って単語、なんか嫌な感じで洒落たニュアンスがあ ...

東京ワンダーウォールに作品搬入

2009/05/16   エッセイ

190×121センチと馬鹿でかい作品をえっちらおっちら“電車”で搬入してきますた ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2021 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.