思い出しては、

  2018/06/14

そうめんの匂いがした。いや、そうめんに匂いらしい匂いもないから、まあ、そうめんの雰囲気と言うべきかもしれない。

それは夏の夜で、家族でそうめんを食べている。冷房がよく効いていて、寒いくらいだ。大きなガラスの器にそうめんが山盛り、氷とともに浮かんでいる。

夜更けで、ひとり部屋にいる。この種の記憶は誰にもあるだろうし、また不意に思い出されるものでもあろう。しかしそのような時、他の人は何を感じ、どうしているのだろう。

甘いか、苦いか、あるいはどうでもいいことか。

私にとってそれは相も変わらず甘美で、だからそのような時には決まって目の前の現実が色褪せる。

べつにこれといって現実が辛いわけでもない。十分に楽しんでいるし、もっと、謳歌できているとも思う。思うのだけれど、それはどうして、いつも過去を超えることができない。

あの頃はよかった――私の頭はこの一語でできている。考え方の問題ではなく、これはもう生まれもった性質なのだろうと思う。

あの頃やあの頃やあの頃のことを思い出すと、とにかく私は悲しくなって、虚しくなる。今ある、今手に入れている、今味わえる何もかもがつまらないものに思われてきて、死にたくもなる。

そういうわけだから、この先も、私は決して幸せにはなれないし、ならないだろう。そもそもなる気がない。

たぶんそれは私にとっての哲学のようなもので、いつか死の床に伏した日には、やっぱり大人になんかなるもんじゃないし、ましてや老人になんか死んでもなるもんじゃないし、結局は子供の時が一番よかったと言って死にたいのだと思う。

人の中には、そういうタチの悪い、はなからわかっているのにわざわざ確かめて文句を言うようなのがある。そういう輩は、まあ、放っておく他ない。

新宅 睦仁/シンタクトモニの作家画像

広島→福岡→東京→シンガポール→ロサンゼルス→現在オランダ在住の現代美術家/WEBデザイナー/合同会社シンタク代表。 美大と調理師専門学校に学んだ経験から食をテーマに作品を制作。無類の居酒屋好き。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazonギフト券で支援する
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazonほしい物リストで支援する

PayPalで支援する(手数料の関係で300円~)

     

ブログ一覧

  • ブログ「むろん、どこにも行きたくない。」

    2007年より開始。実体験に基づいたノンフィクション的なエッセイを執筆。アクセス数も途切れず年々微増。不定期更新。

  • 英語日記ブログ「Really Diary」

    2019年より開始。もともと英語の勉強のために始めたが、今ではすっかり純粋な日記。呆れるほど普通の内容なので、新宅に興味がない人は読んで一切おもしろくない。

  • 音声ブログ「まだ、死んでない。」

    2020年より開始。ロスのホームレスとのアートプロジェクトでYouTubeに動画をアップしたところ、知人にトークが面白いと言われたことをきっかけにスタート。その後、死ぬまで毎日更新することとし、コンテンツ自体を現代アートとして継続中。

  • 読書記録

    2011年より開始。過去十年以上、幅広いジャンルの書籍を年間100冊以上読んでおり、読書家であることをアピールするために記録している。各記事は、自分のための備忘録程度の薄い内容。WEB関連の読書は合同会社シンタクのブログで記録中。

  関連記事

戦争は始まり続け終わらない

2009/02/27   エッセイ

朝からなんだか怖ろしくなってしまった。 画像は全身に毒ガスを浴びた人の足。DAY ...

串揚げは神の味

2009/08/10   エッセイ

昨日はパルテノン多摩に出品する作品の制作を開始した。アットわたくしのお宅、新宅。 ...

活力とは尽きるもの

2008/11/11   エッセイ

婚約成立、来春結婚。 なんていう広告がでている。全然関係ないけど“来春”なんて表 ...

軒並み下落を傍観

2008/06/16   エッセイ

しつこいけど、もっとこう、なんかあったような気がする。自分はこんなじゃなかったよ ...

やらない善よりやる偽善。

2012/04/22   エッセイ, 日常

唐突に本題に入るけど、人間の本質ってのは、いったんなんなんだろうか。日常会話でも ...

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Copyright © 2012-2022 Shintaku Tomoni. All Rights Reserved.