美術家 新宅睦仁のブログ。ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

聞かなくてもいいこと

 

世の中には聞かなくてもいいことがある。

つい先日、滋賀県の大津市で保育園児の散歩中に起きた事故の報道について思う。

開かれた保育園側の記者会見、亡くなった園児らについてなんて、聞かなくてもわかる。遺族への報道についても同じ。胸の内なんか、聞かなくてもわかる。馬鹿でもわかる。

マスコミとてきっと馬鹿ではないだろうし、むしろえらい人たちばかりだろうに、わかっていることを聞く。

それは仕事で、メシの種で、つまるところ金になるからそうするのだろうとは思う。

じゃあ、それなりの金を払ってやれば、余計なことを聞かなくなるものだろうかと考えてみると、たぶん彼らはいくら積もうがやっぱり聞く。

そもそも人間なんてものはとことん下世話で下劣なのであって、聞かなくてもいいことを聞くし、知らなくてもいいことを知ろうとする。

マスコミに恥を知れなどと叫ぶ人は少なくないが、むろん私もそのような思いに駆られもするが、結局は彼らとて我々と同じつまらない人間で、だとすればどうしようもなく我々の本性の写し鏡なのだろうと思う。

新宅 睦仁

1982広島県生/2005九州産業大学卒/2013新宿調理師専門学校卒/現代美術家/ロサンゼルス在住のカトリック。牛丼やカップヌードル、コンビニ弁当等、食物をテーマに作品を制作している。無類の居酒屋好き。

こちらの記事もよく読まれています

1さくら水産の品格(ランチ編)

食べ放題は下品である。いや、食べることに限らず、基本的に”際限がない”ということ ...

2美術家になれないあなたは悪くない

最近、SNSで美術大学の是非についての意見が飛び交っている。美大に行く費用を作品 ...

3飽きるとは何か(子供の感性を失った大人の飽きについて)

「悪いな。もう、おまえには飽きたんだ」 昔の安いドラマにあるお決まりのセリフであ ...

4さくら水産の品格(居酒屋編)

大人と呼ばれるようになって十年も経てば、誰しも”酔いどれたい”という日があるもの ...

5作家とギャラリーの取り分について

作家の人たちと話すと、たまにこの話題になる。要するに金の話である。 世の中は、何 ...

  関連記事

差別する心は恋心にも似て

人はなぜ差別するのだろうかと思っていた。とりわけ黒人差別の歴史などを見ると、その ...

暴走しているのはメディアか、群衆か(日清カップヌードルCM中止に見るメディアと世論)

私は、以下のニュースに接して首を傾げた者である。 矢口さんら出演のカップヌードル ...

とても元気な死んだ人(放送大学の亡くなった教授の講義を聞いて)

放送大学のラジオを聞き流していると、ふっと静かになって、アナウンスが流れた。―― ...

この国で子供はペット

2018/02/02   エッセイ, コラム, 社会系

ある芸人の娘が大麻で捕まったらしい。それで父である彼が謝罪会見を開いたという。 ...

庶民派、東京都知事 舛添要一

東京都知事の舛添要一が謝罪会見を開いた。かねてより海外出張費が高額に過ぎると非難 ...