ほぼエッセイ、ときどき現代の美術とアート。

欲しくて死にそう

  2019/11/19

前に中国で、ある少年がiPad欲しさに肝臓を売ったという話があった。

文字通り「喉から手が出るほど」欲しかったのだろう。まあ、逆に手を突っ込まれることになったわけだが。

しかし、これほど純粋で強烈な欲望もない。その途方もない熱量を考えると、無性に羨ましくなってくるのは私だけだろうか。

これといって欲しいものがなくなって久しい。あったらいいけど、なくてもいい。そんなものばかりだ。

むろん、欲望がないのはいいことなのかもしれない。仏陀なんかも、欲に溺れないようにと繰り返し戒めている。

それはそうなんだろうけれども、欲望がないというのは、どうして健全でないように思われる。

私は先の渇望の少年に、人間らしさを感じる。まともで正常だとさえ思う。一方、特に欲しいものもなく、日々をぼんやりと老いさらばえてゆく私は、どこかおかしいのではないかと思う。

何にしろ、私は肝臓を売った少年に、憧れこそすれ、とても馬鹿にする気にはなれない。

ご支援のお願い

もし当ブログになんらかの価値を感じていただけたましたら、以下のいずれかの方法でご支援いただけますと幸いです。

Amazon:ギフト券
→送信先 info@tomonishintaku.com

Amazon:ほしい物リスト

PayPal:300円からご支援いただけます。

  関連記事

休日の日曜日と呼ぶべき日曜日があったことを話したい(後編)

2015/07/31   エッセイ, 日常

キラキラネームのウンチクを得られる有意義な一日になりそうだ。そう思いながら、しば ...

壁は距離でも心でもなく金銭

2007/11/24   エッセイ

三連休の最終日にかろうじてあったまともな予定。ひさしぶりに白昼、外に出た。紫外線 ...

原爆投下とお盆と終戦

2010/08/12   エッセイ

なんかヒットしそうなキーワードを並べただけみたいだけど、まあそういう話題なんです ...

人間万事塞翁が馬

2012/09/03   エッセイ, ブログ

当ブログの愛読者のみなさま、三日間もお休みをいただき誠に申し訳ありません。諸事情 ...

動けなくなるまで動くだけ

2009/06/05   エッセイ

人生、それが人生だ。 昨日は無人島で藤城さんやchim↑pomメンバーと話せて、 ...